遊戯王カード考察:ゾンビーノ 実はアンデット族通常モンスター中最大攻撃力です

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

ゾンビーノ
星4/地属性/アンデット族/攻2000/守   0
通常モンスター
ふたりは とってもなかよし
しんでもいっしょ よみがえってもいっしょ
はなれることはない

だから ふたりがであうことは もうにどとない

 

 

地属性アンデット族のレベル4通常モンスターです。

エクストリーム・フォースの通常モンスター枠であり

ジェネティック・ワーウルフ、アレキサンドライドラゴン、幻殻竜、

幻のグリフォン、メガロスマッシャーXに続く6体目の攻撃力2000のレベル4です。

とうとう最後の火属性枠が来るかと思ったら2体目の地属性でした。

 

まるで人形のような小さい男の子のゾンビです。

全体的な体つきや頭に刺さった斧などもどことなく作り物めいています。

名前や全体的な雰囲気、背後に映る骸骨など

ゾンビーナとの関連性を強く感じさせます。

恐らくフレーバーテキストにある「ふたりはとってもなかよし」とは

このゾンビーノとゾンビーナの事を指すのでしょう。

 

そして非常に意味深かつ悲し気なフレーバーテキストが書かれています。

予測ですが「しんでもいっしょ よみがえってもいっしょ はなれることがない」

近くにいるとかそういう意味ではなく本当に一緒になっている、

つまり魂レベルで一緒になって1つの身体に入っているのでしょうね。

だから2人がちゃんとした形で出会える事がもうないのでしょう。

フレーバーテキストではそういった悲し気な事が書かれていますが

OCGでは2人並べる事でちゃんと再会させてあげれます。

 

 

実はアンデット族通常モンスターというのは

レベル4、攻撃力1750の達人キョンシーが今まで最大攻撃力の座についており

このカードの登場でようやく達人キョンシーをその座から引きずり落とす事が出来ました。

実質的にこのカードはアンデット族の中で唯一と言っていい

まともな攻撃力を持った通常モンスターだと言えるでしょう。

 

 

アンデット族という事で馬頭鬼や生者の書-禁断の呪術-で蘇生が可能です。

通常モンスターなので苦渋の決断で簡単に墓地に落とす事が可能であり

そこから上記のカードで蘇生に繋げる事が可能です。

またレスキューラビットを使えば2体同時に特殊召喚でき、

エクシーズ素材にするなりなんなりで墓地に落とせば同様に蘇生に繋げられます。

もしくは龍の鏡で墓地に送った2体を除外して

冥界龍 ドラゴネクロの融合召喚に繋げる事も可能です。

また墓地にゾンビキャリアが存在する状態であれば

レスキューラビットからゾンビーノ2体を出しゾンビキャリアを蘇生する事で

炎神-不知火のシンクロ召喚に繋げる事が可能です。

 

 

守備力0のアンデット族モンスターという事で

冥界騎士トリスタンや不知火の隠者、

不知火流 転生の陣や不知火流 輪廻の陣の対象にする事が出来ます。

前述の通り炎神-不知火のシンクロ召喚に繋げる事が出来る点や

戦神-不知火で除外すれば攻撃力を2000上昇させる事が出来る点なども

不知火と相性のいい要素が結構あります。

不知火に通常モンスターのギミックを組み込みたい場合などには

このカードの出番となるでしょう。

 

 

最大攻撃力のアンデット族通常モンスターとして

守備力0のアンデット族通常モンスターとしてしっかり役割がある存在です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:銀河眼の光波刃竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・ブレード・ドラゴン)

シンプルだからこそ強い!   7月21日に発売されるVジャンプ号に 歴代

記事を読む

パーシアスの神域(しんいき):遊戯王カード考察 3つとも全部有用だやばい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG、2016年7月の制限改定判明!あんまり変わってない!

2016年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回はがっつりと手が加わり環境に大き

記事を読む

遊戯王OCG,2016年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。そろそろ新しいリミットレギュレーションの時期ですね。 とはいってもブルーアイ

記事を読む

灼銀の機竜(ドラッグ・オン・ヴァーミリオン)遊戯王カード考察  不鵺城の蘇生対象としてうってつけ!

9月9日に海外のカードが多数収録されたEXTRA PACK 2017が発売されます。 今回紹介

記事を読む

遊戯王カード考察:R・R・R(レイド・ラプターズ・レプリカ)

今度の展開手段は特殊召喚に制約がないぞ!   今回紹介するのはプレミアムパック

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。 1枚ずつの考察になるので多

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドラミング・コング

クラッシュ・オブ・リベリオンより今回はこのカードの考察です。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・サーキット

ハイスピード・ライダーズのCMも公開されましたね。 今回紹介するのはそのCMで判明したこのカー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,666 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑