遊戯王OCG新テーマ考察:マジェスペクター

クラッシュ・オブ・リベリオンにおいて新しいテーマ「マジェスペクター」の情報が公開されました。

恐らく「マジェスティ」と「スペクター」をあわせた言葉だと思われます。

無理矢理訳すなら「威厳ある霊」と言った感じでしょうか?

というわけでカードを解説していきたいと思います。

 

 

 

マジェスペクター・ラクーン
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻1200/守 900
【Pスケール:青5/赤5】
【モンスター効果】
「マジェスペクター・ラクーン」の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「マジェスペクター」モンスター1体を手札に加える。
②このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

 

マジェスペクター・キャット
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/魔法使い族/攻 100/守1800
【Pスケール:青2/赤2】
【モンスター効果】
「マジェスペクター・キャット」の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
デッキから「マジェスペクター」カード1枚を手札に加える。
②このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

 

マジェスペクター・クロウ
ペンデュラム・効果モンスター
星4/風属性/魔法使い族/攻1000/守1500
【Pスケール:青5/赤5】
【モンスター効果】
「マジェスペクター・クロウ」の①のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「マジェスペクター」魔法カード1枚を手札に加える。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

 

 

マジェスペクター・ストーム
通常魔法
①:自分フィールドの魔法使い族・風属性モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

 

 

マジェスペクター・トルネード
通常罠
①:自分フィールドの魔法使い族・風属性モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

 

 

マジェスペクター・サイクロン
速攻魔法
①:自分フィールドの魔法使い族・風属性モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

 

マジェスペクター・テンペスト
カウンター罠
①:自分フィールドの魔法使い族・風属性モンスター1体をリリースして以下の効果を発動できる。
●モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 

 

 

まずモンスターですが以下の共通点がある事が分かります。

 

・動物をモチーフとしたカードである

・魔法使い族、風属性のペンデュラムモンスターである

・レベルは3か4でペンデュラムスケールは2か5である

・ペンデュラム効果は一切持っていない

・召喚、特殊召喚に成功する事を条件にデッキからカードをサーチする効果を持っている

・モンスターゾーンに存在する限り相手の効果の対象にならず、相手の効果で破壊もされない

 

そして魔法、罠カードですがいずれのカードもコストとして

自分フィールドの風属性・魔法使い族モンスターをリリースする事が求められる代わりに、

いずれも強力な除去効果を持ったものが揃っています。

 

 

これらの事から総合してマジェスペクターというテーマは

「ペンデュラム召喚でリリース要因を確保し、強力な魔法罠で攻める」

というコンセプトを想定して作られているテーマだと判断する事が出来ます。

クリフォートがペンデュラム召喚によってアドバンス召喚のリリース要因を確保するのに対し、

マジェスペクターはペンデュラム召喚によって魔法罠のリリース要因を確保します。

その魔法罠もクロウやキャットの効果で簡単にサーチする事が出来る為、

ペンデュラム召喚でアドバンテージを確保しながらガンガン魔法罠を使っていく事になるでしょう。

 

専用の魔法罠以外にも、リリース要因を必要とするカードを使いたい場合にもお勧めです。

風霊術-「雅」やエネミーコントローラーのコストにも役立ってくれるでしょう。

クリフォートと違って特殊召喚を阻害しないのでD-HERO Bloo-Dも出せます。

最初見た時「The tyrant NEPTUNEで耐性付与できるヤッター!」と思ったのですが

墓地のモンスターの効果じゃないとコピーできないので無理と判明して残念でした。

 

またペンデュラム効果こそ持っていませんがアドバンテージを確保しやすいペンデュラムカードなので、

レベル3やレベル4のモンスターが中心のデッキにラクーンとキャットを出張させるのも面白いです。

特にレベル3を主軸とするデッキにペンデュラム召喚を取り入れたい場合にお勧めの2枚です。

 

 

弱点としては個々のモンスターのステータスの低さが挙げられます。

「相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない」という非常に優秀な耐性を持っていますが

戦闘破壊には無力である為、そのままでは簡単に戦闘で破壊されてしまうでしょう。

 

また基本的にペンデュラム召喚でモンスターを繰り返し使う事になる為、

マクロコスモスや次元の裂け目を出されても中々困る事になるでしょう。

強力な効果を持っている魔法罠ですがいずれも対モンスター用のカードな為、

魔法罠を除去したい場合は別のカードに頼る必要が出てきます。

その強力な魔法・罠カードもマジェスペクター・テンペストを除いて

いずれも相手のモンスターを対象に取る必要のあるカードである為、

オベリスクの巨神兵のような対象に取れないモンスターは天敵となってきます。

ブラック・ホールのような対象に取らない除去手段も用意しておいた方がいいでしょう。

それからリリースしてなんぼのテーマである為、あまり見かけないカードではありますが

生贄封じの仮面も天敵となります。

 

弱点と言えるほどでもないですがサーチ能力が優秀すぎる故にデッキからサーチするカードが

もう無いという状況はかなりの確率で見られる事になるでしょう。贅沢な悩みとも言えますが。

この問題に関しては今後カードが増えれば増えるほど解消されていくと思いますので、

これからの新カードの情報に期待したい所ですね。

 

 

動物をモチーフとした可愛らしいモンスター達なので女性に人気の出そうなテーマです。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

貪欲な瓶

サーチを多用するテーマにとってお供とも言えるカードだと思っています。

何度もサーチ効果を使っていれば簡単にデッキにサーチするカードが尽きてしまうでしょう。

特に貪欲な瓶は魔法・罠もデッキに戻せる為マジェスペクターにおいては重要です。

 

 

D2シールド

守備力が1800あるマジェスペクターキャットに使えば

相手の効果の対象にならず、相手の効果で破壊されない守備力3600という

非常にいやらしい壁が誕生します。ペンデュラム召喚の土台が揃うまでに

場を持たせる為の壁としては中々面白いのではないでしょうか。

ただしホープ・ザ・ライトニングには要注意です。

 

 

烈風帝ライザー

マジェスペクターは皆風属性ですのでライザーの後半の効果も問題なく発動できます。

ペンデュラム召喚の土台を整えればリリース要因の確保には困らないでしょう。

またマジェスペクターには高打点がいませんので烈風帝ライザーの

2800という攻撃力も非常に頼りになるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:レディ・デバッガー シンプルかつ優秀なサーチ効果

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第94話『魂を刻んだ右腕』感想

遊戯王ARC-V94話の感想です。 生きたデュエルマシン(ロジェ談)と化し アクションデ

記事を読む

遊戯王カード考察:ハロハロ 初のデメリットなしペンデュラムチューナー、通常モンスターとしても有用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

遊戯王カード考察:デフコンバード 貴重な風属性サイバース族 いっそ攻撃強要させてみる?

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

覇王龍ズァーク:遊戯王カード考察

アークファイブラスボス(多分)ここに君臨!   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

アストログラフ・マジシャン、クロノグラフ・マジシャン:遊戯王カード考察

何気に汎用性がかなり高い!   今回紹介するのはペンデュラム・エボリューション

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第56話『初陣!ブルーガール』感想

遊戯王ヴレインズ56話の感想です。   前回のあらすじ:わざわざ従者が

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。 1枚ずつの考察になるので多

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    動物っていうより、架空の動物?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,658,039 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑