デーモンの呼び声:遊戯王カード考察 捨てるカードと蘇生するカード両方があるデッキに

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

デーモンの呼び声
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地のレベル5以上の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
手札から悪魔族モンスター1体を捨て、対象のモンスターを特殊召喚する。

 

 

悪魔族サポートとなる永続罠です。

 

戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン深淵の冥王を鷲掴みにしています。

呼び声っていうか強制連行ですねこれ。

効果的に考えて深淵の冥王はジェネシス・デーモン蘇生の為の生贄となるのでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、手札から悪魔族モンスター1体を捨て

墓地からレベル5以上の悪魔族1体を特殊召喚するというものです。

手札を1枚捨てる必要こそあるものの永続罠であり

自分、相手それぞれのターンでモンスターを蘇生させる事が可能です。

また効果で手札を捨てる為、暗黒界が持つ

効果で手札から墓地へ捨てられる事を条件にする効果を発動可能です。

手札を捨てるタイミングと蘇生するタイミングが一緒であり

「捨てたカードを蘇生させる」という事は出来ない点には注意しましょう。

 

 

レベル5以上の悪魔族・・・・・・はっモリンフェン!?

まあネタ気味に言ってますが闇の量産工場で墓地から2枚回収できるので

蘇生対象と手札から捨てる対象の両方を満たす意味で相性はそう悪くないです。

他に闇属性悪魔族レベル5通常モンスターに死霊伯爵とかいるけどな!

 

 

前述の通り暗黒界の手札から捨てられた際の効果を発動可能であり

暗黒界や魔轟神と相性のいいカードです。

暗黒界の龍神 グラファを始め蘇生対象に困る事もありませんし

相手ターンに手札を捨てて効果を発動していける点もポイントです。

 

 

また名前にデーモンと含まれている為、トリック・デーモンの効果でサーチ可能です。

トリック・デーモンの墓地へ送られた際の効果の発動条件もデーモンの呼び声で満たせる為

そういう意味でも相性がいいです。

暗黒界同様にこちらも積極的にコストとして使っていけるでしょう。

 

 

蘇生対象の候補は色々ありますが再度召喚を狙えるのであれば

真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモンあたりが強力な効果を持っています。

闇の量産工場で墓地から2体回収できるので手札から捨てる要因としても有用です。

【魔弾】であれば魔弾の悪魔 ザミエルを蘇生させる手段の1つとして機能するでしょう。

 

 

いずれにせよ手札から捨てるカードをどう用意するかが鍵になると思います。

手札から捨てるカードと有力な蘇生対象さえ用意できるのであれば

自分、相手ターンそれぞれで蘇生を狙っていける優秀なカードです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:サクリボー

今回紹介するのは最強ジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:苦渋の黙札(Painful Escape)

結構色んなデッキで使えるよ!   今回紹介するのはエクストラパック2016より

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

堕ち武者(デス・サムライ)/Samurai Skull:遊戯王カード考察 アンデットに墓地肥やしがまた増えた

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン、カオス・フォーム

今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DIMENSIONS MOVIE PACKよりこの

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:アクアアクトレス

せっかく新テーマも出ている事ですしちょっとそちらの考察もしていきましょうか。 新テーマはカード

記事を読む

幻煌龍の螺旋波(げんおうりゅうのスパイラル・ウェーブ)、幻煌龍の天渦(げんおうりゅうのてんか):遊戯王カード考察

特殊勝利、狙ってみる?   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第62話『大エンタメデュエル大会!!』感想

遊戯王ARC-V62話の感想です。 デュエルを通じて長次郎にエンジョイを取り戻す事が出来ました

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

パワーコード・トーカー:遊戯王カード考察 今度のコードトーカーは脳筋担当

12月9日に新しいストラクチャーデッキ、パワーコード・リンクが発売され

セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

→もっと見る

    • 4,727,034 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑