遊戯王OCG新カード考察:禁忌の壺

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

 

禁忌の壺
リバース・効果モンスター
星9/地属性/岩石族/攻2000/守3000
「禁忌の壺」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分はデッキから2枚ドローする。
●フィールドの魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
●相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
●相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 

 

・・・・・・露骨です。

露骨なまでの占術姫強化用のカードです。

レベル9というリバースモンスターの中で最大のレベルを持っています。

これは占術姫タロットレイのリリース要因を1枚で補えるレベルであり、

占術姫タロットレイの運用に合わせたレベル調整と見て間違いないでしょう。

そしてリリースに使った後はタロットレイの効果により

そのまま墓地から裏側守備表示で特殊召喚、リバース効果を繰り返し使えるという

タロットレイとセットで使えと言わんばかりの性能をしています。

また占術姫コインノーマの効果でデッキから裏側守備表示で特殊召喚できますし、

占術姫がいれば黒猫の恨みで裏側守備表示にもできますので、

そういう意味でも占術姫と相性のいいモンスターと言えます。

ただし相性がいいといっても占術姫ではない為、コインノーマの効果で

特殊召喚する場合はタイミングに気をつけましょう。

まあリバースモンスターで最大の守備力を持っていますので

例え効果が使えない状況でも壁として運用させる事は可能ですが。

 

 

さて肝心のリバース効果ですが4つの効果から1つを選択して発動する事が出来ます。

そしてその4つの効果ですが分かりやすく言えば

強欲な壺ハリケーンサンダーボルト強引な番兵です。

 

 

 

 

シーマ

フフフ……… よりどりみどり

 

全部禁止されている魔法カードです。まさに禁忌ですね。

これらから効果を選んでいいというのですからその強さは折り紙つきです。

どの効果も有効的に使えないという場面はまず存在しないと考えいいでしょう。

効果さえ発動できればそれだけで強力なアドバンテージとなり得ます。

最上級モンスターに相応しい効果を持ったリバースモンスターと言えるでしょう。

 

 

占術姫にとっては救世主となりえるカードですが、それ以外のデッキでこのカードを

使いたい場合は最上級のリバースモンスターという事もあって中々手間がかかるでしょう。

手札に来た場合に処理する手段も必要になって来ますし、蘇生手段に関しても

裏側守備表示で特殊召喚する手段は浅すぎた墓穴やバースト・リバースぐらいです。

変わった方法ではリバース・リユースで相手の場に特殊召喚した後

洗脳解除や所有者の刻印でこちらの場に戻すという方法もあります。

いずれにせよしっかりとデッキ構築を考える必要が出てきます。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

月読命

もし禁忌の壺の効果を繰り返し使いたい場合是非とも採用したいモンスターです。

その効果で毎ターン禁忌の壺を裏側守備表示にする事が可能です。

手札に避難する為月読命自信が相手に狙われにくいのも特徴です。

 

 

帝王の烈旋

禁忌の壺が手札に来た場合にアドバンスセットの手助けとなるカードです。

こちら側でリリース要因を1体確保できるならば有効に機能するでしょう。

効果を使い終えたリバースモンスターをリリース要因にするのもいいですし、

最上級帝を召喚できるデッキに禁忌の壺を採用してみるのも面白いでしょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:真閃珖竜(しんせんこうりゅう) スターダスト・クロニクル

とうとう漫画版遊戯王ファイブディーズの9巻が出ましたね。 また1つ楽しみにしていた漫画が終わっ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔海城(まかいじょう)アイガイオン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の霊堂

①や②の効果だけでも超有用!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!   今週のアークファイブはまだ放送する不確定み

記事を読む

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

螺旋のストライクバースト:遊戯王カード考察

状況を選ばず活用できる優等生!   今回紹介するのは20th ANNIVERS

記事を読む

集いし願い:遊戯王カード考察

多分これが1番オーバーキルできると思います   今日ついに20th ANNIV

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:慧眼の魔術師

Vジャンプ6号の付録としてつく新カード、慧眼の魔術師の考察をしていきたいと思います。 &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックス

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

→もっと見る

    • 4,879,154 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑