究極宝玉陣(きゅうきょくほうぎょくじん):遊戯王カード考察 一気に7体墓地肥やしして融合召喚

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

究極宝玉陣
通常罠
①:自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、
手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。
「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
②:表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 

 

宝玉サポートとなる通常罠です。

 

7つの宝玉が円を組むように配置されその中央に魔法陣が発生、

そこから究極宝玉神が呼び出されようとしています。

 

 

①の効果は自分の宝玉獣が戦闘破壊された場合をトリガーに

7種類全ての宝玉獣をフィールド、手札、デッキから1体ずつ墓地に落とす事で

究極宝玉神融合モンスターを融合召喚扱いでEXデッキから特殊召喚するというものです。

宝玉獣は別にモンスターだけと指定されていない為、

魔法罠カードになっている宝玉獣も墓地に送る事が可能です。

ただやはり出来る限りデッキから7種類全て墓地に落としたい所です。

現状究極宝玉神の融合モンスターはレインボー・オーバー・ドラゴンしかいない為

実質レインボー・オーバー・ドラゴン専用の融合魔法と言えるでしょう。

戦闘破壊という条件こそ必要ですが墓地を一気に7体肥やした上で

レインボー・オーバー・ドラゴンを融合召喚するという

未来融合-フューチャー・フュージョンが妨害されずに発動した場合と

同等の事をやってのけるという凄まじい効果となっています。

ただ7種類全ての宝玉獣をデッキに採用しなければいけない上に

1枚ずつ採用しただけではその宝玉獣が1枚でも墓地に行ってしまえば

それで発動条件を満たせなくなってしまいます。

安定して発動するのであれば各カード2枚以上デッキに入れたい所です。

幸い貪欲な壺が準制限になった為そちらでフォローしていく手もあります。

 

 

②の効果は表側表示の究極宝玉神が相手の効果でフィールドから離れた場合に

墓地からこのカードを除外する事で墓地の宝玉獣モンスターを

好きな枚数だけ魔法罠ゾーンに表側表示で置く事ができるというものです。

これまた宝玉にとって非常にありがたい効果でありまた置ける枚数も任意などで

4枚埋めて1枠は魔法罠発動用に取っておくという芸当も可能です。

レインボー・オーバー・ドラゴンは自身をリリースして発動する効果がある為、

①の効果を発動すれば自然と召喚条件を満たせることも含めて

どちらかと言えば通常の究極宝玉神 レインボー・ドラゴン

究極宝玉神 レインボー・ダーク・ドラゴンをサポートする効果だと言えるでしょう。

 

 

一緒に収録される虹の架け橋でこのカードをサーチする事も可能ですが

こんなものサーチしてそのまま伏せたらまず間違いなく相手は警戒するでしょう。

(逆に裏を書いてブラフを伏せるという戦術は勿論アリですが)

自爆特攻でも①の効果の発動条件は満たせるので

相手が攻撃してくれない場合は積極的に狙いにいってもいいでしょう。

 

 

大分はっちゃけた効果持ってきました

レインボー・オーバー・ドラゴンの召喚を強烈にサポートしてくれるカードであり

ほぼこのカードか未来融合-フューチャー・フュージョン頼りとなるでしょう。

墓地肥やし効果のおかげで①の効果を発動すれば

その後にレインボー・ドラゴンの特殊召喚に繋げたり

龍の鑑で2体目のレインボー・オーバー・ドラゴンを出す布石にもなるのが嬉しい所です。

②の効果も非常にありがたく特に宝玉の氾濫の発動条件を満たすのに貢献してくれます。

まさに「宝玉獣だから許されてる」って感じの性能を持ったすごいカードであり

宝玉獣の強化に確実に貢献してくれる存在となるでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:ダイナミスト

ブレイカーズ・オブ・シャドウにも様々な新テーマが登場しています。 そのうちの1つがこのゾイドや

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第26話『希望を導くスリー・ドロー』感想

遊戯王ヴレインズ26話の感想です。 トリックスター対策を用意して勝負を仕掛けてきたバイラ。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火流 輪廻の陣(しらぬいりゅう りんねのじん)

不知火に貴重なドローソースが!   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン、オッドアイズ・アドベント

10月に発売されるブレイカーズ・オブ・シャドウのカード情報もちらほら出て来ました。 今回はそん

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜呼(りゅうこ)相打つ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:アンチエイリアン 効果も便利なサイバース族の下級アタッカー

いよいよ今日ストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-の発売ですね。 今回紹介するのはそんな

記事を読む

クリア・エフェクター:遊戯王カード考察

ドローしつつ耐性付与!   今回紹介するのは20th ANNIVERSAR

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:量子猫、鏡像のスワンプマン

彼岸と帝、結構環境で活躍しているみたいですね。 アドバンス召喚も随分強くなったものです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:BF(ブラックフェザー)-朧影(おぼろかげ)のゴウフウ

とっても使いやすいレベル5チューナーモンスター!   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,824 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑