古代の機械超巨人(アンティーク・ギア・メガトン・ゴーレム):遊戯王カード考察 ぜひとも古代の機械巨人を素材にするノーネ

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

古代の機械超巨人
融合・効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻3300/守3300
「アンティーク・ギア」モンスター×3
①:このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
②:「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」の中から
合計2体以上素材として融合召喚したこのカードは、
その数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。
③:融合召喚した表側表示のこのカードが
相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
EXデッキから「古代の機械究極巨人」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

アンティーク・ギアの新たなる融合モンスターです。

融合素材から考えて古代の機械究極巨人のリメイクモンスターだと考えられます。

ただ素の攻撃力が3300と古代の機械巨人から300しか上昇しておらず

古代の機械究極巨人よりも手数を重視した形態と言えます。

 

古代の機械巨人をベースに腕と足がそれぞれ6本存在しています。

融合素材や効果を考えれば古代の機械巨人3体が融合した存在なのでしょう。

アルティメット・ゴーレム、カオス・ジャイアントと来てメガトン・ゴーレムです。

イラストも実に重量感漂うものとなっています。

 

 

融合素材にはアンティーク・ギア3体を要求しています。

アンティーク・ギア2体を要求する古代の機械魔神

アンティーク・ギア4体を要求する古代の機械混沌巨人に対し

丁度その中間に位置する要求数ですね。

ただこのカードは古代の機械巨人や古代の機械巨人-アルティメット・パウンドを

複数融合素材にしてこそ真価を発揮できるカードなので

出来るだけそれらを融合素材にしていきたい所です。

幸い一緒に収録される古代の機械融合を使えば

古代の機械巨人3体で融合召喚を狙う事も難しくありません。

 

 

①の効果はこのカードが攻撃するダメージステップの間

相手の魔法・罠の発動を封じるというものです。

アンティーク・ギアお馴染みの効果であり攻撃反応罠などを気にせずに攻撃できます。

モンスター効果が封じられないのはちょっと残念ですね。

 

 

②の効果は古代の機械巨人、もしくは古代の機械巨人-アルティメット・パウンドを

合計2体以上融合素材にしていればその素材の数だけ攻撃できるというものです。

基本的には古代の機械融合を使って3体を素材にした融合召喚を狙う事になるでしょう。

攻撃力3300から放たれる3回攻撃は強烈無比であり

この攻撃によって相手の辞書に敗北の文字を刻めるケースも多いでしょう。

リミッター解除などで攻撃力を強化すればさらに恐ろしいものになります。

 

 

③の効果は融合召喚したこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に

EXデッキから古代の機械究極巨人を召喚条件無視で特殊召喚するというものです。

あくまで融合召喚している必要があるため

古代の機械蘇生などで特殊召喚した場合には発動できない点には注意してください。

攻撃力が3300ある事もありそう簡単には戦闘破壊はされないため

この効果を発動出来るケースは結構多いです。

攻撃力4400ある古代の機械究極巨人は後続として非常に頼もしく

さらにこの古代の機械究極巨人が破壊されれば今度は古代の機械巨人が出てくるため

相手としても出来るだけこの効果を発動させたくないでしょう。

メガトンゴーレム自体に耐性の類がありませんが

結果としてメガトンゴーレムの場持ちに貢献してくれる効果と言えます。

 

 

アルティメットゴーレムが持つ蘇生効果まで含めて

古代の機械巨人があってこそ真価を発揮できるカードです。

古代の機械融合と合わせて古代の機械巨人の価値を大きく高めてくれる存在であり

クロノス先生リスペクトな暗黒の中世デッキの構築に貢献してくれるカードです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ハットトリッカー

エンタメイジ、アークファイブでも非常に印象深いテーマであり、 個人的に今回一番気になっているテ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第83話『師弟の絆』感想

遊戯王ARC-V83話の感想です。 今回は柚子と素良がメインの回になりそうですね。 結局

記事を読む

ダイナミスト・ハウリング:遊戯王カード考察

どちらか片方だけでもすごい強化なのに・・・   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

エンタメデュエル:遊戯王カード考察

見事条件を達成できましたらご喝采!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デ

記事を読む

テセウスの魔棲物(ませいぶつ)/Sea Monster of Theseus:遊戯王カード考察  簡易融合からシンクロ召喚を可能にしてくれる

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

2016年度遊戯王OCG検定終了、面白かった問題やwikiと裁定の違う問題に関して

4月25日から5月9日までの間、2016年度の遊戯王OCG検定が実施されていました。 28問全

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・サンクチュアリ

ついにウィジャ盤が強化される!   6月4日に初代遊戯王関連のカードが収録され

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディストピアガイ

デステニーヒーローの新たなる看板モンスター   今回紹介するのはデステニー・ソ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,759,134 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑