古代の機械超巨人(アンティーク・ギア・メガトン・ゴーレム):遊戯王カード考察 ぜひとも古代の機械巨人を素材にするノーネ

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

古代の機械超巨人
融合・効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻3300/守3300
「アンティーク・ギア」モンスター×3
①:このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
②:「古代の機械巨人」「古代の機械巨人-アルティメット・パウンド」の中から
合計2体以上素材として融合召喚したこのカードは、
その数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。
③:融合召喚した表側表示のこのカードが
相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
EXデッキから「古代の機械究極巨人」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

 

アンティーク・ギアの新たなる融合モンスターです。

融合素材から考えて古代の機械究極巨人のリメイクモンスターだと考えられます。

ただ素の攻撃力が3300と古代の機械巨人から300しか上昇しておらず

古代の機械究極巨人よりも手数を重視した形態と言えます。

 

古代の機械巨人をベースに腕と足がそれぞれ6本存在しています。

融合素材や効果を考えれば古代の機械巨人3体が融合した存在なのでしょう。

アルティメット・ゴーレム、カオス・ジャイアントと来てメガトン・ゴーレムです。

イラストも実に重量感漂うものとなっています。

 

 

融合素材にはアンティーク・ギア3体を要求しています。

アンティーク・ギア2体を要求する古代の機械魔神

アンティーク・ギア4体を要求する古代の機械混沌巨人に対し

丁度その中間に位置する要求数ですね。

ただこのカードは古代の機械巨人や古代の機械巨人-アルティメット・パウンドを

複数融合素材にしてこそ真価を発揮できるカードなので

出来るだけそれらを融合素材にしていきたい所です。

幸い一緒に収録される古代の機械融合を使えば

古代の機械巨人3体で融合召喚を狙う事も難しくありません。

 

 

①の効果はこのカードが攻撃するダメージステップの間

相手の魔法・罠の発動を封じるというものです。

アンティーク・ギアお馴染みの効果であり攻撃反応罠などを気にせずに攻撃できます。

モンスター効果が封じられないのはちょっと残念ですね。

 

 

②の効果は古代の機械巨人、もしくは古代の機械巨人-アルティメット・パウンドを

合計2体以上融合素材にしていればその素材の数だけ攻撃できるというものです。

基本的には古代の機械融合を使って3体を素材にした融合召喚を狙う事になるでしょう。

攻撃力3300から放たれる3回攻撃は強烈無比であり

この攻撃によって相手の辞書に敗北の文字を刻めるケースも多いでしょう。

リミッター解除などで攻撃力を強化すればさらに恐ろしいものになります。

 

 

③の効果は融合召喚したこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に

EXデッキから古代の機械究極巨人を召喚条件無視で特殊召喚するというものです。

あくまで融合召喚している必要があるため

古代の機械蘇生などで特殊召喚した場合には発動できない点には注意してください。

攻撃力が3300ある事もありそう簡単には戦闘破壊はされないため

この効果を発動出来るケースは結構多いです。

攻撃力4400ある古代の機械究極巨人は後続として非常に頼もしく

さらにこの古代の機械究極巨人が破壊されれば今度は古代の機械巨人が出てくるため

相手としても出来るだけこの効果を発動させたくないでしょう。

メガトンゴーレム自体に耐性の類がありませんが

結果としてメガトンゴーレムの場持ちに貢献してくれる効果と言えます。

 

 

アルティメットゴーレムが持つ蘇生効果まで含めて

古代の機械巨人があってこそ真価を発揮できるカードです。

古代の機械融合と合わせて古代の機械巨人の価値を大きく高めてくれる存在であり

クロノス先生リスペクトな暗黒の中世デッキの構築に貢献してくれるカードです。

関連記事

遊戯王アークファイブ第121話『最凶の烙印』感想

遊戯王ARC-V121話の感想です。 圧倒的な力を持ってランサーズを追い詰めるバトルビースト。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第77話『破壊の美学』感想

遊戯王ARC-V77話の感想です。 2回戦第1試合は柊柚子VSセルゲイ・ヴォルコフ! 1

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)ドロソフィルム・ヒドラ

相手モンスターを生贄にしろ   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズ

記事を読む

巨大戦艦 ビッグ・コアMk-Ⅲ:遊戯王カード考察

巨大戦艦が9期仕様になるとこうなります   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼死闘(ごうきデスマッチ) デッキから可能な限りっておま・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第88話『雷鳴の一撃』感想

遊戯王ARC-V88話の感想です。今年最初のアークファイブです。 先週がお休みだったので2週間

記事を読む

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。 今回はこのカードの解説です。 &

記事を読む

星霜のペンデュラムグラフ、時空のペンデュラムグラフ:遊戯王カード考察

強いのに虹彩の魔術師でサーチし放題!   というわけで12月25日、ク

記事を読む

遊戯王アークファイブ雑記:ランサーズをセレナちゃん主役の乙女ゲー風に紹介

注意:今回は考察ではなく雑記です。しかもわりと頭悪い内容です。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:急き兎馬(せきとば) 新しいランク5素材候補、実はデメリットも有効活用できる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,966,755 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑