【機界騎士(ジャックナイツ)】:遊戯王テーマ考察 直線番長な奴ら、一部すごい事書いてあります

星杯にクローラー。

どちらも聖遺物を巡った戦いを繰り広げており。

10期の遊戯王OCGの中でも特にストーリー展開を見せるテーマ達です。

そしてそんな聖遺物争いに新たな勢力が現れました。

今回はそんな機界騎士(ジャックナイツ)の紹介をしたいと思います。

 

 

蒼穹の機界騎士(そうきゅうのジャックナイツ)
効果モンスター
星5/光属性/サイキック族/攻2000/守2500
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードと同じ縦列の相手のカードの数だけ、
デッキから「蒼穹の機界騎士」以外の
「ジャックナイツ」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。

 

 

翠嵐の機界騎士(すいらんのジャックナイツ)
効果モンスター
星6/光属性/サイキック族/攻2100/守1600
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:このカードが同じ縦列の相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に、
自分の墓地の「シャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

燈影の機界騎士(とうえいのジャックナイツ)
効果モンスター
星6/光属性/サイキック族/攻 800/守3000
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:このカードと同じ縦列の相手のカードがフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合に発動できる。
手札から「ジャックナイツ」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

黄華の機界騎士(おうかのジャックナイツ)
効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2200/守2800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、
このカードと同じ縦列の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

紅蓮の機界騎士(ぐれんのジャックナイツ)
効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2300/守2600
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:自分の墓地から「ジャックナイツ」モンスター1体を除外し、
このカードと同じ縦列の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 

 

紺碧の機界騎士(こんぺきのジャックナイツ)
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2400/守2400
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、
自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

紫宵の機界騎士
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2500/守2000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
②:自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外し、
デッキから「紫宵の機界騎士」以外の
「ジャックナイツ」モンスター1体を手札に加える。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

星痕の機界騎士(せいこんのジャックナイツ)
リンク・効果モンスター
光属性/サイバース族/攻3000/LINK-3
【リンクマーカー:左下 下 右下】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
「ジャックナイツ」モンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードと同じ縦列に他のカードが存在しない場合、このカードは直接攻撃できる。
②:EXモンスターゾーンのこのカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、
このカードは効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
③:このカードと同じ縦列の他の自分のカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「ジャックナイツ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 

 

星遺物が刻む傷痕(せいいぶつがきざむきずあと)
フィールド魔法
①:フィールドの「ジャックナイツ」モンスターの
攻撃力・守備力は300アップする。
②:1ターンに1度、手札から「ジャックナイツ」モンスター1体
または「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
③:自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「ジャックナイツ」モンスター8種類を1体ずつ除外して発動できる。
相手の手札・EXデッキのカードを全て墓地へ送る。

 

 

星遺物へ至る鍵(せいいぶつへいたるかぎ)
永続魔法
①:このカードの発動時、除外されている自分のカードの中から、
「ジャックナイツ」モンスター1体または「星遺物」カード1枚を対象にできる。
その場合、そのカードを手札に加える。
②:自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手の罠カードの効果は無効化される。

 

 

星遺物に眠る深層(せいいぶつにねむるしんそう)
永続罠
①:このカードの発動時に、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターを特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
②:自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手モンスターの効果は無効化される。

 

 

星遺物の囁き(せいいぶつのささやき)
永続罠
①:このカードの発動時に、フィールドのレベル6以上のモンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。
②:自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手の魔法カードの効果は無効化される。

 

 

テーマの特徴を考察すると以下の通りです。

・白を基調とした鎧を身にまとった謎の騎士達のテーマである

・光属性サイキック族のテーマであり上級、最上級モンスターばかりである

・ある縦列にカードが2枚以上ある時にその縦列に特殊召喚できる

・とにかく同じ縦列の相手に対して滅法強い

・フィールド魔法になんかとんでもない事書いてある

・案の定リース悪い奴だった

 

全体的に白や銀を基調とした鎧の騎士を思わせる見た目をしています。

剣や斧、槍といった獲物を手に持った正統派タイプの機界騎士もいれば

下半身が存在しない機界騎士もおり人外の存在である事を示唆しています。

メインデッキの7体の機界騎士は全て色を含む2文字の単語が名前に使われており

またその色は日本で虹の色を表現する7色になっています。

また星遺物へ至る鍵のイラストでは星杯神楽イヴが捕らえられてる様子が描かれており

星遺物に蠢く罠でイヴを捕まえたのが彼らである事が伺えます。

彼らが所持している星遺物は恐らくは星槍あたりでしょうか。

名前の由来はジャックナイフから来ていると予測できます。

 

あとリースがだんだん本性現してきた感じですね

個人的にはこいつが今回のストーリーの黒幕だと思ってます。

というか星遺物全部で7つあるんですよ?

3つ目でもうこれってこの後こいつどうなるんです?

 

 

メインデッキのモンスターは7体確認されていますが

その全てが上級、最上級モンスターとなっています。

そして共通する効果としてある縦列にカードが2枚存在する場合に

その同じ縦列のモンスターゾーンに特殊召喚できる自己展開効果を持っています。

幸いジャックナイツのサポートとなる魔法罠は永続魔法、永続罠が中心で

条件のうち1枚は自分で満たしやすくなっています。

恐らくこちらがジャックナイツであると相手が感づいたのであれば

同じ列にカードを2枚置くというのはあまり期待できない為、

相手が魔法罠かモンスターを1枚置いた列に魔法罠の発動やセットをし

続けてジャックナイツを特殊召喚するというのが基本的な動きとなるでしょう。

その性質上先攻1ターン目など相手がカードを出していない状態の時は

展開がかなり難しくなる為、かなり後攻よりのテーマだと言えます。

 

 

効果の方も同じ縦列に対して影響するものが揃っており

モンスターや魔法罠の除去や同じ縦列に相手のカードがある事を条件に

デッキや墓地からジャックナイツを手札に加えるなど

アドバンテージを確保しやすい効果が並んでいます。

これに加えて専用サポートとなる永続魔法や永続罠には

場にいるジャックナイツと同じ縦列に存在している

相手のモンスター効果や魔法罠を無効化する効果を持っており

同じ縦列にいるモンスターに対して無類の強さを発揮するようになっています。

永続罠である星遺物に眠る深層と星遺物の囁きは

相手のモンスター効果や魔法にチェーンして発動させれば無駄撃ちも狙っていける為

テクニックの1つとして意識しておくといいでしょう。

 

 

特筆すべきカードとしてフィールド魔法の星遺物が刻む傷痕があります。

このカードはフィールドのジャックナイツのステータスを底上げする効果と

手札を1枚捨ててドローする手札交換効果を持っていますが

それに加えて墓地とフィールドのジャックナイツを合計6種類除外する事で

相手の手札とEXデッキのカードを全て墓地へ送るというとんでもない効果を持ちます。

特にEXデッキのモンスターを主軸とするデッキ相手にこれが決まれば

その時点で大勢が決したと言ってもいいほどの強烈な効果であり

いかにしてこの効果を狙っていくかもジャックナイツにおける勝ち筋の1つとなります。

ジャックナイツ6種類をフィールドと墓地に揃えるという条件は簡単ではなく

様々な墓地肥やし手段を駆使して狙っていく事になるでしょう。

追記:6種類から8種類へと発売前にエラッタされました

リンクモンスターが必須となりより条件が厳しくなりました

さすがにやばすぎたと判断されたのでしょう。

 

 

相手に依存する部分も多くかなり独特な立ち回りが要求されるテーマです。

特にドローゴーのようなフィールドにあまりカードを出さないタイプのデッキ相手には

かなり苦戦を強いられることになるでしょう。

しかしそのポテンシャルは高くまた星遺物が刻む傷痕という強力な切り札もあり

「どのゾーンにカードを置くか」という駆け引きが非常に楽しい魅力溢れるテーマです。

相手がカードを置く場所に苦悩するのを見たいというちょっとSな人にこそオススメです。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。
※カード名をクリックでwikiを表示します

 

おジャマトリオ

相手のフィールドに3体トークンを呼び出す罠カードです。

展開が相手に依存するこのテーマにおいて

能動的に特殊召喚の条件を満たせるようにする貴重な手段となります。

また相手のモンスターゾーンを埋めて

ジャックナイツがいる場所と同じ縦軸への展開を強要するといった使い方も出来ます。

 

 

魔封じの芳香

お互いに魔法を発動する際一度セットしなければいけなくなる永続罠です。

必然的に相手がフィールドにカードをセットする頻度が多くなる為

ジャックナイツの特殊召喚条件を満たしやすくなります。

このカード自体が永続罠であり同じく特殊召喚を補佐できるのもポイントです。

ただこちらも星遺物へ至る鍵や星遺物が刻む傷痕の発動を制限される為、

出来るだけあらかじめ発動しておいた上でこのカードを発動したい所です。

 

 

トランスターン

自分のモンスターを墓地へ送り属性と種族が同じで

1つ上のレベルのモンスターをデッキから特殊召喚できるカードです。

ジャックナイツは光属性サイキック族で統一されており

またレベルも5~8と満遍なく存在している為発動しやすいです。

蒼穹の機界騎士でサーチ効果を発動した後にそれを墓地へ送り、

翠嵐の機界騎士でさらに墓地のカードを回収するといった動きが可能です。

同様にアップビートも活かしやすいでしょう。

 

 

永遠の淑女 ベアトリーチェ

フリーチェーンで墓地肥やし出来る効果を持つランク6エクシーズです。

ジャックナイツでは翠嵐の機界騎士と燈影の機界騎士がレベル6であり

このカードのエクシーズ召喚を狙っていく事が可能です。

特に星遺物が刻む傷痕の③の効果を狙っていく場合

高い墓地肥やし能力を持つこのカードは重宝するでしょう。

関連記事

妖精伝姫(フェアリーテイル)-カグヤ:遊戯王カード考察

今度のフェアリーテイルは日本からだ!   今回紹介するのはマキシマム・クライシ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・チェイサー

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

マスター・ボーイ:遊戯王カード考察 バハムートシャーク救済カード、安心してください皆さんの予想通りの効果です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:業炎のバリア -ファイヤー・フォース-

一気にカードが判明しましたのでどんどん紹介していきます。 今回紹介するのはディメンション・オブ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:サイコ・ブレイド

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   サイコ・ブレ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ダイナマイトガイ

攻撃を防ぎつつ相手にダメージ   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

ファイアウォール・ドラゴン:遊戯王カード考察

藤木遊作のもう1つのエースカード!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-サルファフナー

クリストロンの展開力を大きくサポート!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:クリフォート・ゲニウス 機械族全般で有用、スキルドレインのお供に

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

パワーコード・トーカー:遊戯王カード考察 今度のコードトーカーは脳筋担当

12月9日に新しいストラクチャーデッキ、パワーコード・リンクが発売され

セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するの

アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

→もっと見る

    • 4,726,987 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑