見切りの極意:遊戯王カード考察  使いやすさ重視のカウンター罠、灰流うらら等は初見で見切れます

公開日: : 最終更新日:2017/10/14 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

何かけものフレンズ2期でたつき監督が降板されたとかで大騒ぎになってるみたいですね。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

見切りの極意
カウンター罠
①:相手の墓地のカードと同名の
モンスターの効果・魔法・罠カードを相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

 

伝説の柔術家が放つハドゥーケンを

マスターモンクがマトリックスばりに上半身を仰け反らせて回避しています。

まさにカード名のごとく「見切った!」という感じなのでしょう。

見切り極意っていうとロマンシング・サガあたりも自分は連想します。

 

 

その効果は相手の墓地に同じカードが存在するモンスター効果、魔法、罠を

相手が発動した時にその発動を無効にして破壊するというものです。

墓地に同じカードがある=既に見た事があるという事で

それを見切り無効化している感じなのでしょう。

ようするにこういうことです

 

 

相手の墓地に依存する為序盤では使いづらいカードではありますが

汎用性が高いカウンター罠であり腐るケースはあまりないでしょう。

コストが一切必要ないというのも魅力的です。

ただその一方でピン挿ししている事が多いエクストラデッキのモンスターや

「一度でも発動を許すとやばい!」といった感じのカードは対処し辛い面があります。

いわゆるマストカウンターを要求される場面に弱いというのは

カウンター罠としては中々に痛い所でしょう。

そういったピンポイントで相手のカードを無効化するよりは

発動できる場面であれば積極的に発動していって妨害していくカードだと言えます。

大抵のデッキには複数枚積んでいる主力カードというのが存在する為、

主にそれらを無効化して相手の出鼻をくじくのが主な狙い目となるでしょう。

 

 

墓地を参照しなければいけない関係上墓地除外を多用するカードや

そもそもマクロコスモスを使ってくるデッキ、

あと墓地へ送られづらいペンデュラムデッキや

ピンポイントな所ではマドルチェ相手にも機能し辛い面があります。

そういったデッキを警戒するのであればメインデッキから投入するのではなく

サイドデッキに入れておいて相手を見て投入するのも1つの選択肢です。

ただそれを踏まえてもカウンター罠の中でもかなり状況を選ばず使える部類であり

【エンジェル・パーミッション】に採用するのもオススメです。

豊穣のアルテミスあたりと一緒に併用できれば

よりアドバンテージを稼ぎやすくなるでしょう。

 

追記:灰流うらら等墓地に落としてから発動する効果に対しては

1枚目の時点で発動できるという裁定が出ました!

手札誘発系の効果に対する優秀なメタカードになるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ドラマチックシアター

脳筋こそエンタメイトの本質だと思うあなたへ・・・   3月19日に2016年度

記事を読む

【機界騎士(ジャックナイツ)】:遊戯王テーマ考察 直線番長な奴ら、一部すごい事書いてあります

星杯にクローラー。 どちらも聖遺物を巡った戦いを繰り広げており。 10期の遊戯王OCGの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:蛇神(じゃしん)ゲー

随分とコンパクトなカードになりました。   6月24日に遊戯王アニメコンプリー

記事を読む

遊戯王カード考察:ハイ・キューピット 効果無効で出しても割といける

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:濡れ衣

ブレイカーズ・オブ・シャドウのフラゲ情報も出ているみたいですね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッド・ウルフ

シンクロ召喚以外でも使って見る?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョ

記事を読む

超重蒸鬼テツドウ-O(ちょうじゅうじょうきてつどうおう):遊戯王カード考察  シンプルに打点が強い!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-猪鹿蝶(いのしかちょう)-

これはエンジョイできる強さだ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)トリック・クラウン

新カード、まだまだたくさんありますね。 今回はこのカードを紹介させていただきます。 &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,142,374 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑