究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。

でもまた少し暑くなってきました?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

究極変異態・インセクト女王
特殊召喚・効果モンスター
星7/地属性/昆虫族/攻2800/守2400
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:フィールドに他の昆虫族モンスターが存在する場合、
自分フィールドの昆虫族モンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
②:このカードが攻撃したダメージステップ終了時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードは相手モンスターに続けて攻撃できる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分フィールドに
「インセクトモンスタートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)
1体を特殊召喚する。

 

 

インセクト女王のリメイクモンスターです。

レベルこそ一緒なものの攻撃力が上昇しており

究極変異態という名前からもインセクト女王がさらに進化した姿だと思われます。

 

元のインセクト女王をベースに全体的に豪華になっています。

禍々しさはそのままにどことなく高貴な雰囲気も感じられます。

女王らしさはさらに高まったのではないでしょうか。

 

 

特殊召喚モンスターでありカードの効果でのみ特殊召喚が可能になっています。

通常召喚できない事は元々レベル7である事もあってそこまで痛手でもなく、

カードの効果であれば特殊召喚の方法は問わないため各種蘇生カードの他

レベル6になったプリミティブ・バタフライに孵化を使うといった方法や

一緒に収録された寄生虫パラノイド超進化の繭で出す方法などがあります。

 あと忍者マスター HANZOであれば変化の術をサーチして発動する事で

カード1枚から出す事も可能です。

 

 

①の効果は自分、相手フィールドにこのカード以外の昆虫族がいる場合に

自分の昆虫族モンスターに対象耐性と効果破壊耐性を付与するというものです。

フィールドに他の昆虫族が必要になってくるものの

昆虫族全体にこの2つの耐性を付与できるのは相当強烈です。

また相手の場に昆虫族がいてもこの効果が発揮できるので

寄生虫パラノイドやDNA改造手術を組み合わせてもいいでしょう。

相手に粘糸壊獣クモグスや怪粉壊獣ガダーラを送り付けるという手もあります。

 

 

②の効果はこのカードが攻撃したダメージステップ終了時に

自分のモンスター1体をリリースする事で相手モンスターに追加攻撃できます。

③の効果で出したトークンをリリースできれば無駄がないでしょう。

このカードの攻撃力は2800と中々高水準であり

連続攻撃できるメリットは大きいです。

 

 

③の効果は自分、相手のエンドフェイズに

インセクトモンスタートークンを1体特殊召喚できるというものです。

主に①や②の効果の布石として活躍してくれます。

元のインセクト女王と違い守備表示で特殊召喚できるのが何よりも大きく

低い攻撃力を攻撃表示で晒さずに済みます。

 

 

とにかく①の効果が昆虫族にとってありがたく

甲虫装機】や【電子光虫】をはじめとする昆虫族デッキ全般で重宝します。

特にインゼクターであればレベル6のモンスターを用意しやすく

孵化からの特殊召喚も容易に狙えます。

アタッカーとしても頼りになる性能をしておりまさに女王様といった所です。

関連記事

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:外神(がいしん)アザトート

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜の遺跡

結構色々なデッキに使えるぞ!   巨神竜復活、続々と再録されるカードが判明して

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・ハンター、トラミッド・ダンサー

フィールド魔法をガンガン張り替えろ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD双暁王(そうぎょうおう)カリ・ユガ

7月に発売されるディメンション・オブ・カオスのカードが早くも一部判明しました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王カード考察:鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)

いよいよ今日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-の発売です。 今回紹介するのはそ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:一騎加勢

クラッシュ・オブ・リベリオンの発売から結構時間も経っているので、 そろそろ新カードとは言えない

記事を読む

真紅眼の黒刃竜(レッドアイズ・スラッシュドラゴン):遊戯王カード考察  墓地へ送られて発動する戦士族が大活躍するレッドアイズの新たな可能性

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

トワイライトロード・シャーマン ルミナス:遊戯王カード考察  ライトロードに新しい展開手段が増えました

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,806 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑