究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。

でもまた少し暑くなってきました?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

究極変異態・インセクト女王
特殊召喚・効果モンスター
星7/地属性/昆虫族/攻2800/守2400
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:フィールドに他の昆虫族モンスターが存在する場合、
自分フィールドの昆虫族モンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。
②:このカードが攻撃したダメージステップ終了時、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードは相手モンスターに続けて攻撃できる。
③:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分フィールドに
「インセクトモンスタートークン」(昆虫族・地・星1・攻/守100)
1体を特殊召喚する。

 

 

インセクト女王のリメイクモンスターです。

レベルこそ一緒なものの攻撃力が上昇しており

究極変異態という名前からもインセクト女王がさらに進化した姿だと思われます。

 

元のインセクト女王をベースに全体的に豪華になっています。

禍々しさはそのままにどことなく高貴な雰囲気も感じられます。

女王らしさはさらに高まったのではないでしょうか。

 

 

特殊召喚モンスターでありカードの効果でのみ特殊召喚が可能になっています。

通常召喚できない事は元々レベル7である事もあってそこまで痛手でもなく、

カードの効果であれば特殊召喚の方法は問わないため各種蘇生カードの他

レベル6になったプリミティブ・バタフライに孵化を使うといった方法や

一緒に収録された寄生虫パラノイド超進化の繭で出す方法などがあります。

 あと忍者マスター HANZOであれば変化の術をサーチして発動する事で

カード1枚から出す事も可能です。

 

 

①の効果は自分、相手フィールドにこのカード以外の昆虫族がいる場合に

自分の昆虫族モンスターに対象耐性と効果破壊耐性を付与するというものです。

フィールドに他の昆虫族が必要になってくるものの

昆虫族全体にこの2つの耐性を付与できるのは相当強烈です。

また相手の場に昆虫族がいてもこの効果が発揮できるので

寄生虫パラノイドやDNA改造手術を組み合わせてもいいでしょう。

相手に粘糸壊獣クモグスや怪粉壊獣ガダーラを送り付けるという手もあります。

 

 

②の効果はこのカードが攻撃したダメージステップ終了時に

自分のモンスター1体をリリースする事で相手モンスターに追加攻撃できます。

③の効果で出したトークンをリリースできれば無駄がないでしょう。

このカードの攻撃力は2800と中々高水準であり

連続攻撃できるメリットは大きいです。

 

 

③の効果は自分、相手のエンドフェイズに

インセクトモンスタートークンを1体特殊召喚できるというものです。

主に①や②の効果の布石として活躍してくれます。

元のインセクト女王と違い守備表示で特殊召喚できるのが何よりも大きく

低い攻撃力を攻撃表示で晒さずに済みます。

 

 

とにかく①の効果が昆虫族にとってありがたく

甲虫装機】や【電子光虫】をはじめとする昆虫族デッキ全般で重宝します。

特にインゼクターであればレベル6のモンスターを用意しやすく

孵化からの特殊召喚も容易に狙えます。

アタッカーとしても頼りになる性能をしておりまさに女王様といった所です。

関連記事

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:にん人

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔サイの戦士

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重剣聖(ちょうじゅうけんせい)ムサ-C(シー)

今回紹介するのはVジャンプ12月号の付録についてくるこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:闇黒世界-シャドウ・ディストピア- おうお前がモンスターをリリースするんだよ

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:混沌の使者

繰り返し使用できるコンバットトリック!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔道化リジョン

デュエリストパック決闘都市編の新カードも結構判明してきましたね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超銀河眼の光波龍(ネオ・ギャラクシーアイズ・サイファー・ドラゴン)

とりあえず4500でダイレクトアタックする!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

遊戯王カード考察:交血鬼(アルダンピール)-ヴァンパイア・シェリダン 使いやすくて強いランク6

2月24日にデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズが発売されます。 今回紹介するのはそんなダ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,412,000 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑