栄光の聖騎士団(えいこうのせいきしだん):遊戯王カード考察 トリスタンとの組み合わせが強力

皆さんコード・トーカーはもう貰いましたか?

自分のいった所は自分が初めて貰いにいった客だったみたいで

店員さん側が色々慌てていました。まあちゃんと貰えたので何よりです。

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

栄光の聖騎士団
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターが装備可能な装備魔法カード1枚をデッキから選び、
そのモンスターに装備する。

 

 

聖騎士のサポートとなる速攻魔法です。

 

 

聖騎士王アルトリウスを中心に

トリスタン、ガウェイン、パーシヴァル、ペディヴィエールがこっち見てます。

他の聖騎士がいないのは既にランスロット敵対した後だからでしょうか。

 

 

その効果は1ターンに1度、自分フィールドの聖騎士に

その聖騎士が装備可能な装備魔法をデッキから選んで装備させるというものです。

装備対象こそ聖騎士に限定されていますが

デッキから引っ張ってくる装備魔法は聖剣に限定されておらず

その聖騎士が装備出来る装備魔法であれば何だったって引っ張ってくる事が可能です。

またデッキから直接装備する関係上閃光の双剣-トライスや破邪の大剣-バオウといった

装備するのにコストが必要な装備魔法のコストを踏み倒す事が可能です。

シンプルな効果ながらも複数の聖剣を扱う事になる聖騎士にとって

好きな装備魔法を自由に選択できるこのカードは安定性の強化にとっても貢献してくれます。

特に聖剣はフィールドに1枚しか存在できないものばかりだからなおさらです。

 

 

また速攻魔法の為、相手ターンに装備魔法を装備させる事も可能であり

攻撃対象になった聖騎士の攻撃力を上昇させて返り討ちにしたり

天命の聖剣を装備させて除去から守るといった芸当が可能です。

特に聖剣を装備した場合に破壊効果を発動できる聖騎士トリスタンとの相性は抜群であり

実質的にフリーチェーンの除去のような使い方が可能となります。

 

 

他の使い方としては好きな装備魔法をデッキから引っ張ってこられる事を活かし

複数の装備魔法が必要になるようなコンボ、例えば各種竹光を利用したコンボに

聖騎士と一緒に投入して安定性を高めるといった使い方も考えられます。

 

 

いずれにせよ聖騎士にとっては有用かつ非常に使いやすいカードであり

思考停止でとりあえずデッキに積んでいいレベルのカードです。

3枚積みでもいいと思いますが1ターンに1枚しか発動できないので

そこが気になる人は1枚や2枚に抑えておくのも手でしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:半魔導帯域

ミドル・シールド・ガードナー「君達!やめたまへ!」   今回紹介するのはザ・ダ

記事を読む

遊戯王カード考察:捕食生成(プレデター・プラスト)

フリーチェーンで捕食カウンターばら撒け!   今回紹介するのはディメンションボ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:トラミッド・フォートレス

普通のピラミッド形態!(なんか砲台ついてるけど)   今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-南風のアウステル ブリザードと一緒に使う?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3よりこのカードです。  

記事を読む

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

恐獣の鼓動と一緒に揃えておきたいカードは?新マスタールールでも十分戦えるぞ!

明日2月25日にストラクチャーデッキR-恐獣の鼓動-が発売されます。 収録されるカードは以下の

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第75話『心に取り付く鬼』感想

遊戯王VRAINS75話の感想です。   前回のあらすじ:こんなのGo

記事を読む

遊戯王カード考察:銀河天翔(ギャラクシー・トランサー) ランク8がより出しやすく

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ネクロバレーの神殿 墓守がさらに戦闘に強く!

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:化合電界(スパーク・フィールド)

デュアルに欲しかったものがここにある   今回紹介するのはインベイジョン・オブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,867,438 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑