堕ち武者(デス・サムライ)/Samurai Skull:遊戯王カード考察 アンデットに墓地肥やしがまた増えた

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

 

 

 

堕ち武者
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1700/守   0
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
②:表側表示のこのカードが
相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「堕ち武者」以外の
レベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

闇属性アンデット族のレベル4モンスターです。

 

鎧兜をつけたしゃれこうべが舌だしてます。

海外名の名前は「Samurai Skull」であり非常にまんまなネーミングですね。

しかし本当に海外カードは日本上陸の際にデスつけるのが好きですね。

 

 

①の効果は召喚に成功した時に

デッキからアンデット族1体を墓地に送れる墓地肥やし効果です。

アンデット族用の墓地肥やし効果を持つモンスターとしては

他にユニゾンビと牛頭鬼が存在しますが

このカードはそれら2枚と違い召喚成功時に効果が発動するのが特徴です。

特殊召喚から効果を発動する事こそできませんが

召喚時に除去を食らっても問題なく墓地肥やしが可能です。

 

 

②の効果はこのカードが表側表示で存在している状態で

相手の効果でフィールドから離れた場合に同名カード以外の

レベル4以下のアンデット族をデッキから直接特殊召喚できるというものです。

表側表示でかつ相手の効果でフィールドから離れる必要がある為、

相手が警戒しているのであれば実際に効果を発動させるのは難しいですが

ブラック・ホールなどの全体除去の牽制としては十分に機能します。

もし効果の発動を狙うのであればブラックホールなどの全体除去にチェーンして

リビングデッドの呼び声などで蘇生させる方法があります。

 

 

アンデット族の墓地肥やし仲間であるユニゾンビと牛頭鬼

どちらも1ターンに1度しか墓地肥やし効果を発動できない為、

例えば両方とも3枚積みしているデッキであれば

ユニゾンビと牛頭鬼と堕ち武者をそれぞれ2枚ずつデッキに採用する事で

カードがダブる確率を軽減し1ターンに複数回墓地肥やしを狙いやすくなります。

 

 

また闇属性レベル4の守備力0という事で悪夢再びに対応していたり

カメンレオンや暗躍のドルイド・ドリュースで墓地から蘇生しつつ

そのままランク4のエクシーズ召喚に繋げられる利点もあります。

悪夢再びに対応しているという点ではユニゾンビも同様ですが

こちらは墓地肥やし効果を発動しても攻撃に制約が発生しない為

他の種族も混ぜるようなデッキ、

例えば【ゴゴゴアンデット】あたりであっても問題なく活用可能です。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第44話『運命の囚人』感想

遊戯王ヴレインズ44話の感想です。 前回のあらすじ:とうとうミラフォサポートまで使いだ

記事を読む

トワイライトロード・ファイター ライコウ:遊戯王カード考察  破壊じゃなくて除外になった!しかも通常召喚でも発動できる!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

遊戯王OCG、2016年7月の制限改定判明!あんまり変わってない!

2016年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回はがっつりと手が加わり環境に大き

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:クリボール

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディバインガイ

満足状態にして2枚ドロー   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこの

記事を読む

マスター・オブ・ペンデュラムと一緒に揃えておきたいカードは?財布と相談だ!

6月20日土曜日、いよいよマスター・オブ・ペンデュラムの発売ですね。 数多くの魅力的な新カード

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:ジャン・ミシェル・ロジェ長官働きすぎじゃね?

現在遊戯王ARC-Vはシンクロ次元を舞台に物語が進んでいます。 そのシンクロ次元においてユーゴ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第13話『激闘の記録』感想

遊戯王ヴレインズ第13話の感想です。 激闘の末見事リボルバーとのデュエルに打ち勝ったプレイメー

記事を読む

遊戯王カード考察:闇霊神(やみれいしん)オブルミラージュ エラッタ前クリッター効果、いつ出しても腐りにくい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,264 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑