弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

弾帯城壁龍
特殊召喚・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻 0/守2100
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分がリンク召喚に成功した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、このカードにカウンターを2つ置く。
②:お互いに、このカードのカウンターの数より
多い数のリンクマーカーを持つモンスターをリンク召喚できず、
リンクモンスター以外のモンスターは攻撃できない。
③:モンスターがリンク召喚された場合に発動する。
このカードのカウンターを2つ取り除く。
④:自分・相手のスタンバイフェイズに発動する。
このカードにカウンターを1つ置く。

 

 

地属性ドラゴン族のレベル6特殊召喚モンスターです。

VRAINSにおいてリボルバーがプレイメーカー戦で使用したカードであり

天火の牢獄と合わせてリンク召喚における強力なロックを仕掛けました。

天火の牢獄ほどではありませんがこのカードもOCG化の際に若干効果が変更されており

召喚条件がドラゴン族のリンク召喚成功時に限定される代わりに

リンクモンスターの攻撃を自分に誘導する効果が存在しました。

 

東洋の龍の形状した2つの弾丸の帯を持つドラゴンです。

尻尾にあたる部分が機関銃の銃口になっているのが特徴的です。

弾帯(ベルトリンク)というのは銃弾を横一列に並べそれをベルトで繋げたものです。

主に機関銃の弾丸を装填、携行する目的で使われます。

「ランボーがよくに体に巻きつけてる銃弾ついたアレ」

と言えば分かる人は分かるんじゃないでしょうか。

遊戯王でも魔弾の射手ワイルドが体に巻いています。

 

 

①の効果は自分がリンク召喚に成功した時に

手札からこのカードを特殊召喚した上でカウンターを2つ置く自己展開効果です。

このカードは特殊召喚モンスターでありこの方法でのみ特殊召喚可能です。

リンク召喚を積極的に狙うデッキであれば簡単に満たせる特殊召喚条件ですが

このカードは自分のリンク召喚にも制約を発生させる効果を持っており

そのあたりの兼ね合いが重要になってきます。

 

 

③と④の効果はどちらかのプレイヤーがリンク召喚を行った時に

このカードのカウンターを2つ取り除き、

またお互いのスタンバイフェイズにカウンターを1つ上乗せする強制効果です。

①の効果もカウンターに関する効果がありますが

カウンターの数は②の効果に影響してきます。

 

 

そして②の効果はこのカードが存在している間お互いのプレイヤーは

このカードに乗ったカウンター超過のリンクマーカーを持つリンク召喚が行えず、

さらにリンク召喚以外のモンスターは攻撃できなくなるというものです。

リンク召喚を行うデッキに対してはリンク召喚そのものに制約をかけ

それ以外のデッキに対しては攻撃に対して制約をかけるという

中々に相手を選ばないロックを仕掛ける事が可能です。

ただこのカード自体に特に耐性の類が存在しない関係で除去には弱い事、

自分自身もこのカードによるロックの影響を受ける点には気を付ける必要があります。

このカードが邪魔になる場合を考えてリリースやエクシーズ素材にするなど

このカードをフィールドからどかす手段も用意しておくといいでしょう。

 

 

カウンターの数が少なければ少ないほどリンク召喚に制約がかかります。

実際にリンク召喚を制限したいのであればカウンターは2以下にするのが望ましいです。

このカードを出した時点でカウンターは2つ置かれる事になりますが

その後すぐにリンク召喚をすればカウンターは2つ取り除かれて0になり

相手ターンにカウンターが乗ってもカウンターが1つしか載っていない状態、

つまりLINK-1しかリンク召喚できない状態で相手にターンを渡す事が可能です。

これはリンク召喚を主軸にするデッキにとってはほぼ機能停止に近いロックであり

特にリンク召喚に対して高いメタ性能を発揮できます。

ただこの場合相手がリンク召喚を行わなかったとしても

こちらが行えるリンク召喚はLINK-2が限度となります。

かといってリンク召喚を行わなければそれはそれでカウンターが乗る一方であり

相手のリンク召喚を抑制できなくなってしまいます。

その事を考えた場合

「LINK-2以下のリンク召喚を主軸とするデッキ」

でこそこのカードの性能を十二分に発揮できると言えるでしょう。

現状候補としてはトリックスターかSPYRALあたりでしょうか。

え?ヴァレットの相性?まあヴァレルロード出した後ならなんとか・・・。

ただ相手がLINK-1のリンク召喚をしてきた場合

今度はこちらもLINK-1のリンク召喚しか行えなくなる為そこも注意です。

天火の牢獄と一緒に使えばそれすらも封じる事が出来る為より盤石なロックになります。

 

 

 

はなからロック効果を完全無視して

「リンク召喚すれば手札から特殊召喚できるレベル6モンスター」

という割り切った運用をする事も1つの選択肢です。

黄泉ガエルあたりの適当なレベル1をリンクリボーにでもすれば

それで召喚条件を満たせるのでレベル6の中でも召喚条件はかなり緩い方です。

ランク6のエクシーズ素材としても使いやすいカードだと言えるでしょう。

ドラゴン族なので聖刻龍王-アトゥムスのエクシーズ素材にもなれます。

関連記事

遊戯王カード考察:ミレニアム・アイズ・イリュージョニスト 相手ターンにも発動を狙いたい所

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

ハック・ワーム:遊戯王カード考察  条件さえ満たせば複数展開可能!ジェスター・コンフィと一緒にどうぞ

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:妖海(ようかい)のアウトロール とりあえず炎星や十二獣あたりに

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン

ワグナス!デメリット無しのスケール8だ! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカ

記事を読む

遊戯王OCG,2016年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。そろそろ新しいリミットレギュレーションの時期ですね。 とはいってもブルーアイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:霊獣の誓還(れいじゅうのせいかん)

ガスタ・ファルコ、ウィンダと共に無事帰還!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

パーシアスの神域(しんいき):遊戯王カード考察 3つとも全部有用だやばい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黒の魔導陣(まどうじん)

ブラマジ出せれば1枚除外!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

遊戯王カード考察:剛竜剣士ダイナスターP(パワフル)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第145話『終わりなき反逆』感想

遊戯王ARC-V145話の感想です。 デニスとのエンタメデュエルを無事成功させた遊矢。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,072,798 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑