ビットルーパー:遊戯王カード考察 上位互換いるけど差別化は割とできる方

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

ビットルーパー
効果モンスター
星4/地属性/サイバース族/攻1500/守2000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からレベル2以下のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

 

 

地属性サイバース族のレベル4モンスターです。

 

ビットロンが頭部になった白と金を基調とした人型ロボットです。

頭身的になんとなくSDガンダムっぽいイメージがありますね。

 

ビームシールドとランスという武装はクロスボーンバンガードMSを連想させます。

 

 

その効果は1ターンに1度、手札からレベル2以下のモンスター1体を捨てる事で

手札から特殊召喚できるという自己展開効果です。

デザイン的にはビットロンやデジトロンあたりを手札から捨てて特殊召喚、

その後サイバース・ガジェットで捨てたカードを蘇生する流れや

ドット・スケーパーを捨ててそのまま特殊召喚させるのを想定しているのでしょう。

似たような手札コストを条件に特殊召喚できるモンスターに

THE トリッキーやクイック・シンクロンが存在しますが

それらと比べて1ターンに1度しか発動できない点、

手札コストがレベル2以下のモンスターに限定されている点が痛い所ですね。

弱い効果ではないのでいかに差別化できるかが鍵となるでしょう。

 

 

やはり差別化の一番のポイントはサイバース族である点です。

エンコード・トーカーやエクスコード・トーカー、ハニーボットといった

サイバース族を指定するリンクモンスターの素材になれる他、

バックアップ・セクレタリーの特殊召喚条件を満たせる点がポイントとなります。

またレベル4なのでROMクラウディアで墓地から回収した後に特殊召喚すれば

ランク4のエクシーズ召喚に繋げる事が可能です。

あと地属性なのでグローアップ・バルブあたりを捨てて特殊召喚、

そのあとグローアップ・バルブを蘇生すれば召喚権を使わずに

ナチュル・ビーストのシンクロ召喚に繋げるといった芸当が可能です。

 

 

上位互換となるカードの存在があるとどうしても霞んでしまいがちですが

なんだかんだで差別化できるポイントは結構あるので悪くないカードだと思います。

特に一族の結束を採用するような種族統一したサイバース族デッキを作りたい場合には

展開要員の1つとして重宝してくれる存在だと思います。

今後サイバース族サポートやサイバース族を指定するリンクモンスターが増えてくれば

このカードの評価も上がってくるでしょう。

関連記事

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:重装甲列車アイアン・ヴォルフ

新しい機械族ランク4候補!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブレイブアイズ・ペンデュラム・ドラゴン

攻撃力0!効果も無効!それでも駄目なら除外!   10月8日に新しくレイジング

記事を読む

遊戯王アークファイブ第122話『グローリー・オン・ジ・アカデミア!』感想

遊戯王ARC-V122話の感想です。 サンダースがBBを教育しなおそうとしましたが BB

記事を読む

巨大戦艦 ビッグ・コアMk-Ⅲ:遊戯王カード考察

巨大戦艦が9期仕様になるとこうなります   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RUM(ランクアップマジック)-レイド・フォース

ディメンション・オブ・カオスで発売されるカードも結構判明してきました。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:月光紅狐(ムーンライト・クリムゾン・フォックス)

攻めも守りも両方強化!   1月21日発売予定のVジャンプ3月号に遊戯王のカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ユニコーン

ワグナス!デメリット無しのスケール8だ! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカ

記事を読む

力天使(りきてんし)ヴァルキリア:遊戯王カード考察 無効に出来ればサーチ発動、どうせなら相手ターンにも狙おう

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,810,699 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑