パラレルポート・アーマー:遊戯王カード考察 攻撃にも防御にも

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

パラレルポート・アーマー
通常罠
①:自分フィールドのリンクモンスター1体を
対象としてこのカードを発動できる。
このカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
装備モンスターは相手の効果の対象にならず、戦闘では破壊されない。
②:自分の墓地からこのカードとリンクモンスター2体を除外し、
自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 

 

リンクモンスターサポートとなる通常罠です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがリボルバー戦で使用し

ファイアウォール・ドラゴンに耐性を付与しつつ2回攻撃に繋げました。

 

その名の通りパラレルポートの形をしたパーツから

無数のレーザー砲が発射されています。

アーマーというよりは追加装備といった感じですね。

パラレルポートというのは周辺機器をケーブルで接続する為の装置の事で

一般的にはセントロニクス型と呼ばれる複数の穴が2列にならんだタイプをさします。

こんな形の奴がそれです。

PCを持っていたら裏側を確認してみればこういう差込口あるんじゃないでしょうか。

 

 

①の効果はこのカードを装備カード扱いとして自分のリンクモンスター1体に装備、

装備したモンスターに対象耐性と戦闘破壊耐性を付与するというものです。

ブラック・ホールのような全体除去には無力なものの中々の耐性を付与できます。

単体除去を持ったモンスターを出された時やバトルフェイズに突入した時などに

このカードを装備して守るといいでしょう。

特にリンク先に同じような耐性を付与できるハニーボットに装備すれば

自身も同じ耐性を得られるため穴が無くなります。

 

 

②の効果は墓地からこのカードとリンクモンスター2体を除外する事で

自分のリンクモンスター1体にそのターン2回攻撃を可能にさせるというものです。

特にエンコード・トーカーなど自己強化できるリンクモンスターや

戦闘時に効果ダメージを与えられるトポロジック・ボマー・ドラゴンなどに

2回攻撃を付与させる事が出来れば決め手にもなり得る強力な効果です。

コストとなるリンクモンスター2体は軽くはありませんが

リンク召喚は墓地肥やし性能にはかなり優れており

LINK-1→LINK-2と繋げていくような連続リンクを決めていけば

コストとなるリンクモンスターの確保は難しくありません。

 

 

①の効果は防御用に、②の効果は攻撃用に重宝する効果であり

攻防一体の中々面白いカードです。

②の効果だけでも十分に強力なのでおろかな副葬などで直接墓地に送るのもいいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、 マイペースに少しずつ紹介していき

記事を読む

遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EMラクダウン

今回もクラッシュ・オブ・リベリオンの新カードの考察をしていきたいと思います。  

記事を読む

ブーギートラップ:遊戯王カード考察  トラップ版「魔法石の採掘」登場、活路への希望などがすぐに発動可能!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)カースド・ジャベリン:遊戯王カード考察

幻影騎士団がランク2にも手を出し始めました   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)90 銀河眼の光子卿(ギャラクシーアイズ・フォトン・ロード)

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,475,680 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑