ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・スイッチ
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを特殊召喚する。
②:自分のモンスターゾーンのPモンスター1体を対象として発動できる。
そのPモンスターを自分のPゾーンに置く。

 

 

ペンデュラム用の永続罠です。

Pゾーン越しに時読みの魔術師と星読みの魔術師が背中合わせに立っています。

効果を考えると入れ替わる形で時読みの魔術師がPゾーンから出てきたのでしょう。

 

 

その効果は

・自分のペンデュラムゾーンのカードを特殊召喚する

・ペンデュラムモンスター1体をペンデュラムゾーンに置く

のどちらかの効果を1ターンに1度発動できるというものです。

まさにPゾーンとモンスターゾーンをスイッチさせる効果だと言えます。

 

 

このカードの使い方は多岐にわたります。

まず任意のペンデュラムモンスターをPゾーンを経由する事で

手札から特殊召喚を行う事が可能です。

特にDDD壊薙王アビス・ラグナロクやアモルファージ・イリテュムなど

高レベルのペンデュラムモンスターを場に出す手段として重宝します。

同様にDDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドンのような

破壊された時にPゾーンに移動する効果を持つカードを簡単に再利用可能です。

この手のモンスターは強力なカードが多く、

このカードによってフィールドに戻せる意義は大きいです。

 

 

また1体のモンスターのペンデュラム効果とモンスター効果の両方を

このカードを使う事で1ターンに同時に使う事が可能です。

特に覇王眷竜ダークヴルムや魔装邪龍 イーサルウェポンなど

P効果、モンスター効果共に有用なモンスターが活きてきます。

 

 

フリーチェーンで効果を発動できるのでサクリファイス・エスケープとしても使えます。

「Pゾーンに避難させるサクリファイス・エスケープ」というのは中々ユニークであり

ペンデュラム効果やスケールの有用やモンスターの避難手段として効果的です。

涅槃の超魔導剣士などPゾーンにいる事で本領を発揮するカードなどは

相手も除外やバウンスなどの手段を取ってくる事も多い為

安全にPゾーンに移動させる手段として有用です。

 

 

ペンデュラムデッキの戦略性を飛躍的に高めてくれる1枚です。

特に覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴンなど

元々エクストラデッキに入っているPモンスターと全般的に相性がよく

今まで使いにくかったカードにも新しい光明を与えてくれます。

皆さんも一度このカードとのかみ合わせを考えて

様々なペンデュラムモンスターを見直してみるのはいかがでしょうか。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)フライ・ヘル、捕食植物スキッド・ドロセーラ、捕食植物モーレイ・ネペンテス

捕食カウンターを使いこなそう   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメーカーVSリボルバーのマスターデ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:彼岸の鬼神(きしん) ヘルレイカー、善悪の彼岸

真帝王降臨とEXTRA PACK 2015の発売も近づいてまいりました。 真帝王降臨はダンディ

記事を読む

遊戯王カード考察:超重武者ダイ-8(ちょうじゅうむしゃ ダイハチ)

旦那ぁ!超重武者装留お届けに参りました!   今回紹介するのはディメンション・

記事を読む

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニスは融合次元とは別の勢力?

ある意味ではこのサイトを作った一番の理由がこいつについて話したかったからです。 遊矢のピンチに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の巫女、白き霊龍(れいりゅう)

今回紹介するのは11月21日に発売されたVジャンプ1月号の付録であるこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ロスト・ヴァンブレイズ:遊戯王カード考察

汎用性の非常に高い優等生罠モンスター!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第90話『革命の狼煙』感想

遊戯王ARC-V90話の感想です。 零羅のピンチに「君こそが主人公だろう」とばかりに駆けつけた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,628,802 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑