ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・スイッチ
永続罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを特殊召喚する。
②:自分のモンスターゾーンのPモンスター1体を対象として発動できる。
そのPモンスターを自分のPゾーンに置く。

 

 

ペンデュラム用の永続罠です。

Pゾーン越しに時読みの魔術師と星読みの魔術師が背中合わせに立っています。

効果を考えると入れ替わる形で時読みの魔術師がPゾーンから出てきたのでしょう。

 

 

その効果は

・自分のペンデュラムゾーンのカードを特殊召喚する

・ペンデュラムモンスター1体をペンデュラムゾーンに置く

のどちらかの効果を1ターンに1度発動できるというものです。

まさにPゾーンとモンスターゾーンをスイッチさせる効果だと言えます。

 

 

このカードの使い方は多岐にわたります。

まず任意のペンデュラムモンスターをPゾーンを経由する事で

手札から特殊召喚を行う事が可能です。

特にDDD壊薙王アビス・ラグナロクやアモルファージ・イリテュムなど

高レベルのペンデュラムモンスターを場に出す手段として重宝します。

同様にDDD超死偉王パープリッシュ・ヘル・アーマゲドンのような

破壊された時にPゾーンに移動する効果を持つカードを簡単に再利用可能です。

この手のモンスターは強力なカードが多く、

このカードによってフィールドに戻せる意義は大きいです。

 

 

また1体のモンスターのペンデュラム効果とモンスター効果の両方を

このカードを使う事で1ターンに同時に使う事が可能です。

特に覇王眷竜ダークヴルムや魔装邪龍 イーサルウェポンなど

P効果、モンスター効果共に有用なモンスターが活きてきます。

 

 

フリーチェーンで効果を発動できるのでサクリファイス・エスケープとしても使えます。

「Pゾーンに避難させるサクリファイス・エスケープ」というのは中々ユニークであり

ペンデュラム効果やスケールの有用やモンスターの避難手段として効果的です。

涅槃の超魔導剣士などPゾーンにいる事で本領を発揮するカードなどは

相手も除外やバウンスなどの手段を取ってくる事も多い為

安全にPゾーンに移動させる手段として有用です。

 

 

ペンデュラムデッキの戦略性を飛躍的に高めてくれる1枚です。

特に覇王紫竜オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴンなど

元々エクストラデッキに入っているPモンスターと全般的に相性がよく

今まで使いにくかったカードにも新しい光明を与えてくれます。

皆さんも一度このカードとのかみ合わせを考えて

様々なペンデュラムモンスターを見直してみるのはいかがでしょうか。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:電磁石の戦士(エレクトロマグネット・ウォリアー)α、電磁石の戦士β、電磁石の戦士γ

磁石の戦士、新時代へ突入!   武藤遊戯のカードを収録したストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第20話『ゆずれない正義』感想

遊戯王ヴレインズ第20話の感想です。 「良心に従う者」財前晃と「復讐の一念に憑りつかれた者」プ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)-OMK(オーエムケー)ガム

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。    

記事を読む

沼地のドロゴン:遊戯王カード考察  初の幻竜族融合、簡易融合から出せて様々な素材に

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されるこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:交血鬼(アルダンピール)-ヴァンパイア・シェリダン 使いやすくて強いランク6

2月24日にデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズが発売されます。 今回紹介するのはそんなダ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)を継ぐもの リンク召喚デッキ全般で採用できる汎用蘇生カード

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークリベリオン:遊戯王カード考察 4000程度のダメージは軽くいけます

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:シーアーカイバー リンク召喚するデッキなら無理なく使えます

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・キャロベイン 展開要員にもコンバットトリックにもなる優等生

12月21日にVジャンプ2月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカードです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,344,544 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑