六武衆の影忍術(ろくぶしゅうのかげにんじゅつ):遊戯王カード考察 展開手段でもあり再利用手段でもある

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。

 

 

 

六武衆の影忍術
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送り、
除外されている自分の「六武衆」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

六武衆のサポートとなる速攻魔法です。

影六武衆-リハンが大将軍 紫炎の変装を解除している所です。

恐らくは普段からこうして紫炎の影武者をしているのでしょう。

残念ながら「忍法」ではなく「忍術」なので各種忍法サポートには対応していません。

影六武衆も忍者としては扱わないので意図的な調整なのでしょう。

忍者ではあってもあくまで紫炎に仕える存在であり他の忍者とは相いれないのでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、自分の場のモンスター1体を墓地に送る事で

除外されている六武衆モンスター1体を特殊召喚するというものです。

墓地からでなく除外ゾーンからの特殊召喚になった六武衆の理とも言うべきカードであり

速攻魔法である点を活かしサクリファイス・エスケープや

特殊召喚からの連続攻撃として活用が可能です。

またあちらと違い1ターンに1度しか発動できない代わりに

墓地に送るモンスターは六武衆以外でもOKになっています。

戦士族で統一している場合、不死武士をコストにするのもいいでしょう。

 

 

除外ゾーンから特殊召喚できるという事で

自身を除外する効果を持つ影六武衆とのシナジーを考えられたカードです。

真六武衆-エニシや紫炎の老中の効果でも除外する事が出来る為

特殊召喚する為の六武衆は容易に確保する事ができるでしょう。

「一度除外した六武衆を再利用する」という意味でも重要なカードであり

墓地から利用する手段が多く除外には慎重になる必要があった六武衆にとって

除外する事が逆にメリットにもなりうるこのカードは非常にありがたいです。

特に影六武衆-リハンは召喚条件が重い事もあり

是非ともこのカードで積極的に使いまわしていきたい所です。

 

 

六武衆は元々ポテンシャルの高いテーマであり

このカードを含む今回の新カードによりますます隙がなくなっています。

六武の門が無制限になった事もあり着実に六武衆の時代は来ていると思います。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:量子猫、鏡像のスワンプマン

彼岸と帝、結構環境で活躍しているみたいですね。 アドバンス召喚も随分強くなったものです。

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:輝望道(シャイニング・ホープ・ロード)

手札1枚でホープゼアル!     今回紹介するのはPREMIU

記事を読む

雷仙神(かみなりせんじん):遊戯王カード考察  手札からポンと出せる2700打点(ただしライフさえあれば)

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

幻煌龍(げんおうりゅう):遊戯王テーマ考察

通常モンスターである幻煌龍(げんおうりゅう) スパイラルを主軸にする新しいテーマ、 それがマキ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:素良や黒咲など「色」を表す人物について

久しぶりにアニメの考察でもしようかと思います。   遊戯王ARC-Vにおいて紫

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:影のデッキ破壊ウイルス

守備力版魔のデッキ破壊ウイルス!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

【魔導獣(マジックビースト)】遊戯王テーマ考察 ペンデュラム召喚しないペンデュラムテーマ

魔導獣 ケルベロス 2005年のストラクチャーデッキ-魔法使いの裁き-に登場した12年前のカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,824 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑