遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第13話『激闘の記録』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ第13話の感想です。

激闘の末見事リボルバーとのデュエルに打ち勝ったプレイメーカー。

そして本来の姿を取り戻したAi。

SOLテクノロジー社も怪しい動きを見せており目が離せません。

 

 

 

草薙が経営するホットドッグ屋に別所エマがやってきました。

調理している間にプレイメーカー談義に花を咲かせています。

草薙はプレイメーカーのファンという体制を作っているみたいですね。

そしてそんなプレイメーカーとデュエルしてみたいと言うエマ、

そして草薙は実に眠たそうにしていました。

どうやら日夜ネットでプレイメーカーの記録を消して回っている様子です。

 

草薙と遊作は新しく入手したデータを調べましたが有力な情報は見つかりません。

結局Aiに意思があるかどうかは不明のままです。

ですが遊作はその先の事を考えていました。

つまりもし実際にプログラムに意思が宿った場合何が発生するのか?

草薙は心配しすぎだと言いますが嫌な予感がするのは事実です。

 

 

プログラムもデュエルマッスルが必要な時代

さてその肝心のAiですが現在屋台にはいません。

遊作はうるさいので家に置いてきたと言います。

もし意思があるのであれば寂しい思いをしているだろうと草薙は言いますが

Aiは遊作の家でしっかりと自分の子分を作っていました。

その子分、お掃除ロボットに対してボディービルを披露するAi。

よっぽど自分の体が手に入ったのが嬉しかったんでしょうね。

そういえばこのお掃除ロボ、ロボッピって言うんですね。

そのロボッピですが「アニキカッコイイ!」とAiを褒め讃えています。

純粋にAiを慕っているのかそれとも太鼓持ちの心得があるのか、

そのどちらにせよプログラムらしからぬ聡明さを既に身に着けています。

Aiの「少しはマシな頭にしてやる」という約束も嘘ではないのでしょう。

それにしても「いつもの続きをしようか?」と言われて顔を赤らめるの

何かちょっといやらしいですね

Aiがスケベそうな顔付きしてるのも絶妙です。

 

 

でもお高いんでしょ?

一方でマスコミのカエルとハトは何やら待ち合わせをしていました。

ギャングっぽい行動という事で緊張しています。

そこに現れたのはゴーストガール、どうやら裏取引をする様子ですね。

ゴーストガールが独自で調べたプレイメーカーの情報を

独占スクープをするために買い取ろうというわけです。

その取引は問題なく成立しプレイメーカーについての情報を入手したカエルとハト。

その為にかかった料金はカエルとハト2人分のボーナス。

いくら貰えているかは知りませんが下手すれば7ケタいっていますね。

しかし独占スクープが成功すれば簡単に取り戻せると意気込んでいます。

リンクヴレインズ内に専用の作業ルームも作って準備万端です。

早速スクープ映像の編集に取り掛かるカエル。ちなみにそのタイトルは

 

独占スクープ

ついに判明!Playmakerの正体とは?

激白ゴーストガールが語るPlaymakerの真実!

何がなんでも絶対みなきゃいけない!!

LINK VRAINS スペシャル

 

長いよ!

やる気満々のご様子ですがものすごくオチが読めます

 

 

汚いなさすがゴーストガールきたない

そんなわけでゴーストガールの情報を確認するという名目で総集編です。

もう言い訳できないレベルで総集編です。13話でとか早いよ!?

合間合間にはインタビューに答える形でのゴーストガールのコメントもあります。

足を何度も交差させているあたりセクシーですね。

自分の事をおばさんといったりちょっと自虐的な所はありますが

それでも自分の色気には自信のあるご様子です。

また自分がブルーエンジェルに化けていたり

プレイメーカーを拷問していたあたりはきっちりと隠しているあたりしたたかです。

 

 

知ってた

その内容はプレイメーカーの行動理由やハノイの騎士の暗躍、

また意思を持ったプログラムについても取り上げられた非常に濃密なものでした。

これは大注目間違いなしと大喜びなカエルとハトのマスコミ2人。

その一方で寝不足な草薙の手伝いとしてプレイメーカーに関する情報を漁っていた遊作は

丁度この2人のマスコミが編集したプレイメーカーの記録を見つけます。

そして一切の迷いなくこのデータをデリート

これ絶対ウイルス何か送り込んだよね。

こうして2人のボーナスを代償として支払ったプレイメーカーの情報は露と消えたのでした。

皆さんも気を付けましょう。バックアップは大事です

 

 

 

 

というわけで総集編でした。13話で総集編って早いですね。

まあ物語的にも一区切りついた所ではありますが。

遊作が危惧していた「意思を持ったプログラムがいたらどうなるか?」

古今東西で自分で考えるコンピュータが登場する作品というのは数多くありますが

「地球に人類は不要なので抹殺しよう」という結論をするのはある種のお約束です。

そこまでは極端すぎるにしても仮にサイバース世界のイグニス達が

人類に対してあまり良い印象を持っていないのであれば

その考えた末での結論は人類にとって益になるものではまずないでしょう。

ハノイの騎士たちが危惧しているのもそれかもしれません。

何にしてもAi達が何を考えているかで大きく物事は変わってくるはずです。

 

あとロボッピがかわいいです

 

 

次回予告 14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』

人智の及ばない謎 電脳トレジャーハンターとは

ネットワーク世界のフロンティアに生きる 謎を追い求めし開拓者

ゴーストガールもその1人 彼女は新たな謎を探求すべく

リンクヴレインズを駆け巡る

というわけで今度はプレイメーカーVSゴーストガールのデュエルが始まるようです。

また財前晃の後釜である北村と思わしき人物もいます。

どうやらかなり人使いの荒い人みたいですね。

また晃も失脚はしていてもクビになったわけではないようです。

 

関連記事

遊戯王アークファイブ第84話『運命のダイスロール』感想

遊戯王ARC-V84話の感想です。 2回戦最終試合ユーゴVSセレナ。 はたしてどのような

記事を読む

遊戯王アークファイブ第131話『常闇に射す光』感想

遊戯王ARC-V131話の感想です。 エドとカイトが倒れながらも2人の想いを受け継ぎ 暴

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!     8月21日にV

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:グレイドル

ディメンション・オブ・カオスに収録されるカードの中で マジェスペクターに続く新しいテーマが出て

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークヴルム:遊戯王カード考察

だから1枚でスケールセッティングできるのやばいって   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)59 背反の料理人(バック・ザ・コック)

史上初の真炎の爆発対応ナンバーズ!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃

記事を読む

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第119話『闇に落ちた小鳥』感想

遊戯王ARC-V119話の感想です。 自分の命を捨ててまで仲間達に情報を伝えてくれた月影。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エンジェル・トランペッター

ついに登場したレベル4バニラチューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:輝望道(シャイニング・ホープ・ロード)

手札1枚でホープゼアル!     今回紹介するのはPREMIU

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑