剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼ヘッドバット
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 800/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札にある場合、
このカード以外の「剛鬼」モンスター1体を手札から墓地へ送り、
自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、
対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで800アップする。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ヘッドバット」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 

 

レベル2の剛鬼です。

他の剛鬼と同じく地属性戦士族で守備力は0となっています。

ヴレインズにおいてGo鬼塚がプレイメーカー戦で使用したカードで

自身の効果で特殊召喚しつつ剛鬼ザ・グレート・オーガの攻撃力を上昇させ

またザ・グレート・オーガの身代わりとして破壊されました。

 

バット(コウモリ)がモチーフと思われるダークブルーを基調とした覆面レスラーです。

全体的に暗めの色と青いオーラが実にヒール感出てます。

ヘッドバットとは一言で言えば頭突きの事です。

正直剛鬼のモンスター名としては「それがあったか!」って感じですね。

攻撃手段としてあまりにポピュラーすぎてプロレス技だと失念していました。

 

 

①の効果は1ターンに1度、

・手札にこのカードがある

・手札にこのカード以外の剛鬼モンスターがいる

・自分フィールドに剛鬼モンスターがいる

上記の条件を満たしている場合このカード以外の剛鬼モンスター1体を捨てる事で

手札からこのカードを守備表示で特殊召喚、

さらに場の剛鬼モンスター1体の攻撃力をそのターンの間800上昇させるというものです。

手札コストこそ必要なものの剛鬼においてはスープレックスと並ぶ貴重な展開手段として活躍します。

攻撃力の上昇も800と中々の上昇量でありこの効果で返り討ちに出来るケースは多いです。

自己展開とコンバットトリックを兼ね備えた汎用性の高い効果です。

 

 

②の効果はフィールドから墓地へ送られた場合に

同名カード以外の剛鬼カードをデッキからサーチするメインデッキの剛鬼共通の効果です。

元々有用性の高い効果ですがこのカードの場合①の特殊召喚効果でリンク素材として利用しやすく

また手札コストのフォローにもなるので非常にお世話になります。

 

 

現在剛鬼唯一のレベル2であり自身の効果による特殊召喚以外にも

トゥルース・リインフォースでデッキから直接特殊召喚が可能です。

こちらも剛鬼の展開力の強化に一役買ってくれるでしょう。

またジャンク・シンクロンで墓地から蘇生させる事も可能です。

シンクロ召喚に繋げつつ②の効果を利用できるので

こちらも選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

剛鬼の中でも何かと小回りが利く便利な奴です。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第5話『鳴動のスリーカウント』感想

遊戯王ヴレインズ5話の感想です。 ニコニコでも放送されるようになりましたね。 やっぱりコ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:音響戦士(サウンドウォリアー)マイクス

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、 マイペースに少しずつ紹介していき

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

遊戯王OCG:「電影の騎士ガイアセイバー」から考えるリンクモンスターの傾向予測、まだ不明瞭な点など

リンク召喚の登場と新マスタールールにおけるエクストラデッキの制限により 遊戯王の環境が激変、各

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)トリック・クラウン

新カード、まだまだたくさんありますね。 今回はこのカードを紹介させていただきます。 &n

記事を読む

遊戯王カード考察:ジェルゴンヌの終焉 発動は難しいけどダメージ量は魅力

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第71話『白銀の剣』感想

遊戯王ARC-V71話の感想です。 次回予告の時点でシンクロ次元の闇がひしひしと感じられる今回

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:ガーデン・ローズ・メイデン ブラック・ガーデンのサポートカード登場

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:弾丸特急バレット・ライナー 地属性機械族って結構います

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

遊戯王カード考察:月光融合(ムーンライト・フュージョン) 舞豹姫や舞獅子姫がより出しやすく

本日11月10日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-が発

→もっと見る

    • 5,847,780 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑