剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼ヘッドバット
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 800/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札にある場合、
このカード以外の「剛鬼」モンスター1体を手札から墓地へ送り、
自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、
対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで800アップする。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ヘッドバット」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 

 

レベル2の剛鬼です。

他の剛鬼と同じく地属性戦士族で守備力は0となっています。

ヴレインズにおいてGo鬼塚がプレイメーカー戦で使用したカードで

自身の効果で特殊召喚しつつ剛鬼ザ・グレート・オーガの攻撃力を上昇させ

またザ・グレート・オーガの身代わりとして破壊されました。

 

バット(コウモリ)がモチーフと思われるダークブルーを基調とした覆面レスラーです。

全体的に暗めの色と青いオーラが実にヒール感出てます。

ヘッドバットとは一言で言えば頭突きの事です。

正直剛鬼のモンスター名としては「それがあったか!」って感じですね。

攻撃手段としてあまりにポピュラーすぎてプロレス技だと失念していました。

 

 

①の効果は1ターンに1度、

・手札にこのカードがある

・手札にこのカード以外の剛鬼モンスターがいる

・自分フィールドに剛鬼モンスターがいる

上記の条件を満たしている場合このカード以外の剛鬼モンスター1体を捨てる事で

手札からこのカードを守備表示で特殊召喚、

さらに場の剛鬼モンスター1体の攻撃力をそのターンの間800上昇させるというものです。

手札コストこそ必要なものの剛鬼においてはスープレックスと並ぶ貴重な展開手段として活躍します。

攻撃力の上昇も800と中々の上昇量でありこの効果で返り討ちに出来るケースは多いです。

自己展開とコンバットトリックを兼ね備えた汎用性の高い効果です。

 

 

②の効果はフィールドから墓地へ送られた場合に

同名カード以外の剛鬼カードをデッキからサーチするメインデッキの剛鬼共通の効果です。

元々有用性の高い効果ですがこのカードの場合①の特殊召喚効果でリンク素材として利用しやすく

また手札コストのフォローにもなるので非常にお世話になります。

 

 

現在剛鬼唯一のレベル2であり自身の効果による特殊召喚以外にも

トゥルース・リインフォースでデッキから直接特殊召喚が可能です。

こちらも剛鬼の展開力の強化に一役買ってくれるでしょう。

またジャンク・シンクロンで墓地から蘇生させる事も可能です。

シンクロ召喚に繋げつつ②の効果を利用できるので

こちらも選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

剛鬼の中でも何かと小回りが利く便利な奴です。

関連記事

遊戯王OCG:2016年10月の制限改定を個人的に予想してみる

8月ももうすぐ終わりです。 次のリミットレギュレーションまであと1ヶ月とちょいになりましたね。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光波分光(サイファー・スペクトラム)

消すと増えます   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

三幻魔がデッキからポンと出てくる!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王テーマ考察:捕食植物(プレデター・プランツ)

アークファイブにおいてユーリの使用するテーマ、捕食植物。 インベイジョン・オブ・ヴェノムからカ

記事を読む

レッド・ロイド・コール:遊戯王カード考察  多分これが一番ビークロイド強化してると思います

6月3日、とうとうデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-の発売日です。 今回紹介するの

記事を読む

【ティンダングル】:遊戯王テーマ考察 まさに「とんでもなく厄介」なリンクリバーステーマ

クローラーにサブテラーにと最近どうも公式がリバース推ししている気がします。 そしてそれはアニメ

記事を読む

遊戯王OCG、2016年7月の制限改定判明!あんまり変わってない!

2016年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回はがっつりと手が加わり環境に大き

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の亜白龍(ブルーアイズ・オルタナティブ・ホワイト・ドラゴン)

20周年を記念して発表された劇場版 遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSION

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン、オッドアイズ・フュージョン

ディメンション・オブ・カオスのカードも次々と判明してきましたね。 今回紹介するのはこのカードで

記事を読む

伝説のフィッシャーマン二世:遊戯王カード考察 梶木くんなにカードになってんねん・・・・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,075,004 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑