剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼ヘッドバット
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 800/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札にある場合、
このカード以外の「剛鬼」モンスター1体を手札から墓地へ送り、
自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、
対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで800アップする。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ヘッドバット」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 

 

レベル2の剛鬼です。

他の剛鬼と同じく地属性戦士族で守備力は0となっています。

ヴレインズにおいてGo鬼塚がプレイメーカー戦で使用したカードで

自身の効果で特殊召喚しつつ剛鬼ザ・グレート・オーガの攻撃力を上昇させ

またザ・グレート・オーガの身代わりとして破壊されました。

 

バット(コウモリ)がモチーフと思われるダークブルーを基調とした覆面レスラーです。

全体的に暗めの色と青いオーラが実にヒール感出てます。

ヘッドバットとは一言で言えば頭突きの事です。

正直剛鬼のモンスター名としては「それがあったか!」って感じですね。

攻撃手段としてあまりにポピュラーすぎてプロレス技だと失念していました。

 

 

①の効果は1ターンに1度、

・手札にこのカードがある

・手札にこのカード以外の剛鬼モンスターがいる

・自分フィールドに剛鬼モンスターがいる

上記の条件を満たしている場合このカード以外の剛鬼モンスター1体を捨てる事で

手札からこのカードを守備表示で特殊召喚、

さらに場の剛鬼モンスター1体の攻撃力をそのターンの間800上昇させるというものです。

手札コストこそ必要なものの剛鬼においてはスープレックスと並ぶ貴重な展開手段として活躍します。

攻撃力の上昇も800と中々の上昇量でありこの効果で返り討ちに出来るケースは多いです。

自己展開とコンバットトリックを兼ね備えた汎用性の高い効果です。

 

 

②の効果はフィールドから墓地へ送られた場合に

同名カード以外の剛鬼カードをデッキからサーチするメインデッキの剛鬼共通の効果です。

元々有用性の高い効果ですがこのカードの場合①の特殊召喚効果でリンク素材として利用しやすく

また手札コストのフォローにもなるので非常にお世話になります。

 

 

現在剛鬼唯一のレベル2であり自身の効果による特殊召喚以外にも

トゥルース・リインフォースでデッキから直接特殊召喚が可能です。

こちらも剛鬼の展開力の強化に一役買ってくれるでしょう。

またジャンク・シンクロンで墓地から蘇生させる事も可能です。

シンクロ召喚に繋げつつ②の効果を利用できるので

こちらも選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

剛鬼の中でも何かと小回りが利く便利な奴です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:メタモル・クレイ・フォートレス

連続攻撃を決めろ!   今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DI

記事を読む

デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新ルール「リンク召喚」登場!新マスタールールにより今までのエクストラデッキにも多大な影響が発生!

今年の春に放送される遊戯王新アニメ「遊戯王ヴレインズ」 やはり皆さんが一番注目していたのは新し

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:コズミック・サイクロン

墓地発動を許すな!   ザ・ダーク・イリュージョンのフラゲ情報が来たみたいです

記事を読む

遊戯王アークファイブ第133話『輝かしきエンタメショー』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 ユーリの伏せカード「超融合」を見事に当てた榊遊勝。

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

魅幽鳥(みくらとり):遊戯王カード考察 デメリットなし2300打点ってだけでも強いのに

ようやくここら辺も夜あたりには涼しさが感じられるようになってきました。 暑がりな自分にとってこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,713 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑