剛鬼(ごうき)ヘッドバット:遊戯王カード考察

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼ヘッドバット
効果モンスター
星2/地属性/戦士族/攻 800/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札にある場合、
このカード以外の「剛鬼」モンスター1体を手札から墓地へ送り、
自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、
対象のモンスターの攻撃力をターン終了時まで800アップする。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ヘッドバット」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 

 

レベル2の剛鬼です。

他の剛鬼と同じく地属性戦士族で守備力は0となっています。

ヴレインズにおいてGo鬼塚がプレイメーカー戦で使用したカードで

自身の効果で特殊召喚しつつ剛鬼ザ・グレート・オーガの攻撃力を上昇させ

またザ・グレート・オーガの身代わりとして破壊されました。

 

バット(コウモリ)がモチーフと思われるダークブルーを基調とした覆面レスラーです。

全体的に暗めの色と青いオーラが実にヒール感出てます。

ヘッドバットとは一言で言えば頭突きの事です。

正直剛鬼のモンスター名としては「それがあったか!」って感じですね。

攻撃手段としてあまりにポピュラーすぎてプロレス技だと失念していました。

 

 

①の効果は1ターンに1度、

・手札にこのカードがある

・手札にこのカード以外の剛鬼モンスターがいる

・自分フィールドに剛鬼モンスターがいる

上記の条件を満たしている場合このカード以外の剛鬼モンスター1体を捨てる事で

手札からこのカードを守備表示で特殊召喚、

さらに場の剛鬼モンスター1体の攻撃力をそのターンの間800上昇させるというものです。

手札コストこそ必要なものの剛鬼においてはスープレックスと並ぶ貴重な展開手段として活躍します。

攻撃力の上昇も800と中々の上昇量でありこの効果で返り討ちに出来るケースは多いです。

自己展開とコンバットトリックを兼ね備えた汎用性の高い効果です。

 

 

②の効果はフィールドから墓地へ送られた場合に

同名カード以外の剛鬼カードをデッキからサーチするメインデッキの剛鬼共通の効果です。

元々有用性の高い効果ですがこのカードの場合①の特殊召喚効果でリンク素材として利用しやすく

また手札コストのフォローにもなるので非常にお世話になります。

 

 

現在剛鬼唯一のレベル2であり自身の効果による特殊召喚以外にも

トゥルース・リインフォースでデッキから直接特殊召喚が可能です。

こちらも剛鬼の展開力の強化に一役買ってくれるでしょう。

またジャンク・シンクロンで墓地から蘇生させる事も可能です。

シンクロ召喚に繋げつつ②の効果を利用できるので

こちらも選択肢の1つとして覚えておくといいでしょう。

剛鬼の中でも何かと小回りが利く便利な奴です。

関連記事

デューテリオン:遊戯王カード考察 これ三沢くんより梶木くんの方が使いこなせるんじゃ・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCG、2017年4月の制限改定判明!十二獣はがっつり規制!新マスタールールの影響で規制、緩和されたカードも

2017年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールの登場もあり今回の制

記事を読む

熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!   今回紹介するのは20th ANNIVER

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:古神(こしん)ハストール

真皇帝降臨と一緒にEXTRA PACK 2015の発売も近づいてまいりました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王アークファイブ第146話『ディメンション・ハイウェイ』感想

遊戯王ARC-V146話の感想です。 黒咲とのデュエルを終えた遊矢の前に現れたのはジャック・ア

記事を読む

忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第135話『揺れ動く次元』感想

遊戯王ARC-V135話の感想です。 頼みのダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを奪われて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:岩石の番兵

え?蘇生条件緩くない?   今回紹介するのはムービーパックよりこのカードです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑