影六武衆(かげろくぶしゅう)-ドウジ:遊戯王カード考察  六武衆における墓地肥やし担当、エニシとは相性抜群

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。

 

 

 

影六武衆-ドウジ
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1700/守1200
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドにこのカード以外の「六武衆」モンスターが
召喚・特殊召喚された時に発動できる。
デッキから「六武衆」カード1枚を墓地へ送る。
②:自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

新たに登場した六武衆、影六武衆の1人となる闇属性レベル4です。

 

笠の隙間から眼光を光らせ銃を構えた忍者です。

モチーフは恐らく伊賀流の忍者、伊賀崎道順(いがのさきどうじゅん)です。

「伊賀崎入れば落ちにけるかな」と言われるほどの城攻めのプロであり

また狙撃の名手でもあったと言われています。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンにいる状態で

他の六武衆が自分の場に召喚、特殊召喚された場合に

デッキから六武衆カード1枚を墓地に送る墓地肥やし効果です。

真六武衆-キザンや六武衆の師範など六武衆は展開能力に優れるカードが多く

発動の機会には困らないでしょう。

なんといっても1ターンに1度の制約が存在しないのが特徴で

展開すればするほど墓地に六武衆を貯めていく事が可能です。

展開力に優れる六武衆であれば1ターンに大量の墓地肥やしも十分できます。

 

 

②の効果は自分の場の六武衆1体のみが効果破壊される場合に

墓地のこの効果を除外する事で破壊の身代わりに出来るというものです。

他の影六武衆も持っている効果であり①の効果で影六武衆を墓地に落とせば

よりこの身代わり効果を活かしやすいです。

 

 

六武衆における墓地肥やし要因として

影六武衆-ハツメや真六武衆-エニシ等の墓地コストが必要な効果を使う場合や

諸刃の活人剣術や究極・背水の陣などで蘇生を狙いたい場合に

このカードのお世話になってくるでしょう。

特に忍びの六武の発動条件である「属性の違う六武衆6体を場に揃える」を達成する場合、

墓地からの蘇生を狙うのが一番の近道であり

任意の六武衆を墓地に送る事の出来る影六武衆-ドウジが重要な鍵を握ります。

 

 

また攻撃力1700という事で六武衆の荒行によって

六武衆-イロウと真六武衆-エニシをデッキから特殊召喚する事が可能です。

特に真六武衆-エニシは墓地の六武衆を除外して発動する効果を持っており

ドウジを召喚

六武衆の荒行によってエニシをデッキから特殊召喚

という流れでドウジの効果から墓地肥やしをしつつ

エニシの効果の発動を狙うといった動きがスムーズに行えます。

六武衆の荒行を活用したい場合このコンビは有力な候補となってくれるでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:失楽園(しつらくえん)

三幻魔の皆さん、ついにあのカードが登場です   今回紹介するのは20th AN

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の霊堂

①や②の効果だけでも超有用!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニスは融合次元とは別の勢力?

ある意味ではこのサイトを作った一番の理由がこいつについて話したかったからです。 遊矢のピンチに

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・ミノタウロス:遊戯王カード考察  地味ながらもいるとかなり助かるいぶし銀的存在!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

螺旋のストライクバースト:遊戯王カード考察

状況を選ばず活用できる優等生!   今回紹介するのは20th ANNIVERS

記事を読む

衛生兵マッスラー:遊戯王カード考察  切り込み隊長投げ飛ばしてたあの人が変則的なデメリットアタッカーとして登場

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:チェーン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ライシス

アモルファージの場持ちを大きくサポート!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者トーマス

毎ターンエクストラのペンデュラム回収!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑