テセウスの魔棲物(ませいぶつ)/Sea Monster of Theseus:遊戯王カード考察  簡易融合からシンクロ召喚を可能にしてくれる

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

 

 

 

テセウスの魔棲物(Sea Monster of Theseus)
融合・チューナーモンスター
星5/水属性/アンデット族/攻2200/守1800
チューナー×2

 

 

史上初となる融合チューナーモンスターです。

また効果を一切持たない融合モンスターの1体です。

 

まるでヤドカリのように船を身に着けたイカやタコを思わせる怪物です。

船を身に着けているという時点でその巨大さが計り知れます。

モチーフとなっているのは恐らくテセウスの船です。

ギリシャ神話のテセウスがミノタウロス退治の際に使った船は

幾度も修復を繰り返しその結果本来の部品は1つもなくなってしまいました。

その逸話から

「ある物体の部品が全て置き換えられた時、それは交換前と同じ物だと呼べるのか?」

という哲学の例としてテセウスの船という名称が使われています。

また派生として

「置き換えた際に元の部品で同じものを作った場合、どちらが本物であると言えるか?」

という哲学も存在します。どちらも非常に意見が分かれる議題だと言えるでしょう。

ちなみに自分は全部交換したとしても同じだと主張していいんじゃないかなぁ派です。

割とどっちでもいいと思ってたりしますが。

 

 

融合素材にはチューナー2体です。

効果を持たないのでテキストには「チューナー×2」と超短い事しか書いてありません。

これはテキスト修正前の深海に潜むサメに次ぐ2番目、

修正後であれば堂々の1位たるテキストの短さです。

英語版のテキストも「2 tuners」と超簡素です。

 

 

レベル5である事から簡易融合に対応しており、簡易融合で場に出すのが基本となるでしょう。

このカードは初の融合チューナーであり

簡易融合から出す事の出来る現在初のチューナーでもあります。

ライフ1000と手札1枚から簡単に特殊召喚できるレベル5チューナーとして

様々な用途に利用する事が出来るでしょう。

特にメインデッキにチューナーを採用する必要が無い為

簡易融合を利用するデッキ全般のエクストラデッキにこのカードを混ぜるだけで

気軽にシンクロ召喚のギミックを組み込ませる事が可能なのが大きいです。

水属性なのでゲイザー・シャークの効果も使いやすいです。

 

 

またアンデット族である点も見逃せません。

レベル5というか上級モンスターのアンデット族チューナーは何気にこのカードが初であり

馬頭鬼や生者の書-禁断の呪術-で手軽に蘇生できるレベル5チューナーとして活躍します。

牛頭鬼で馬頭鬼をデッキから墓地に送り馬頭鬼を除外してテセウスの魔棲物を蘇生、

2体でレベル9シンクロという動きは覚えておいて損はないでしょう。

【ヴァンパイア】あたりに混ぜればシンクロ召喚のギミックを取り入れつつ

紅貴士-ヴァンパイア・ブラムのエクシーズ素材としても重宝してくれます。

 

 

効果こそありませんがそれを補って有り余るほどの利便性を持つカードです。

簡易融合から出す候補の1つになってくれる事は間違いありません。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:苦渋の決断

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パッシングライダー

スピードロイド初のペンデュラムモンスター!   今回紹介するのは10月21日に

記事を読む

サイバース・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?とりあえずスターターデッキ2017は欲しい所

今日6月17日、サイバース・リンクがいよいよ発売です。 収録されているカードはこんな感じです。

記事を読む

動画紹介:黒咲隼への愛にあふれたMAD

デュエルの運命を司るのは、神か、偶然か。 それは時の回廊を巡る永遠の謎掛け。 だが、黒咲の運命を

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン

マスター・オブ・ペンデュラム、優秀なカードが数多く入ってると思います。 ストラクチャーデッキで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ロッド

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:輝望道(シャイニング・ホープ・ロード)

手札1枚でホープゼアル!     今回紹介するのはPREMIU

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ラウンチ

汎用性の高い新しいランクアップマジック!   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RUM(ランクアップマジック)-レイド・フォース

ディメンション・オブ・カオスで発売されるカードも結構判明してきました。 今回紹介するのはこのカ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑