忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

公開日: : 最終更新日:2017/08/05 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。

 

 

 

忍びの六武
通常罠
①:自分フィールドに「六武衆」モンスターが6体存在し、
その属性が全て異なる場合に発動できる。
次の相手ターンをスキップする。

 

 

六武衆のサポートとなる通常罠です。

影六武衆全員集合です。

リハンを中心にまるで戦隊もののごとく決めポーズを決めています。

忍べよ

まあ忍者系の戦隊ものは結構あったりしますが。

6人にこっそり混じってる紫炎の足軽と紫炎の寄子がかわいいです。

 

 

その効果は自分フィールドに属性の異なる六武衆が6体いる時に発動でき

次の相手ターンをスキップしてしまうというものです。

相手ターンを丸ごとスキップしてしまうというのは

過去のカードではアルカナフォースXXI-THE WORLDと

禁止カードである星守の騎士 プトレマイオスぐらいしか前例がなく、

相手のドローやカードセット、モンスター召喚などを丸ごと封じるという

極めて多大なアドバンテージを及ぼす効果です。

1度決まればそれで勝負がつくケースも十分にある効果ですが

コイントスに成功した上でモンスター2体を墓地へ送る必要があるTHE WORLDや

オーバーレイユニットを7つ消費する必要があったプトレマイオスなど

発動には相当に重い条件が課せられる効果でもあります。

この忍びの六武も発動条件はかなり厳しく設定されており

フィールドに6体、それも全て属性の違う六武衆を並べる必要があります。

6体です。EXモンスターゾーンとメインモンスターゾーンを全て使う必要があります。

まさに新マスタールールだからこそ実現可能な発動条件と言えるでしょう。

当然ながらいかにして属性の違う六武衆6体を並べられるかが鍵となります。

また1体はエクストラデッキからカードを用意する必要があり

真六武衆-シエン、六武衆の影-シエン、影六武衆-リハンのいずれかが必要になります。

 

 

恐らく発動条件を満たす上で最も現実的なのはまずEXデッキのモンスターを用意した上で

墓地を肥やしソウル・チャージか究極・背水の陣で一気に墓地から蘇生してしまう事です。

ソウル・チャージの攻撃できないデメリットも相手ターンをスキップしてしまえば

次ターンに改めて攻撃する事も可能なのでそういう意味でも都合がいいです。

EXデッキのモンスターは2体で出せる上に素材もすぐに墓地へ送れる

真六武衆-シエンが3体の中では最も適していると言えるでしょう。

この場合重要となるのは蘇生させる属性の違う六武衆5種類を

どのようにして墓地へ準備するかになります。

影六武衆-ドウジが墓地肥やしに関する効果を持っているので上手く利用しましょう。

 

 

何気に罠カードというのも上手くできているんですよねこのカード。

先行1ターン目に展開しまくって封殺というのが難しくなるように作られてます。

ロマンカードの1つですが十分に発動は狙えますし発動できた場合のリターンも十分です。

関連記事

D-HERO(デステニーヒーロー) ダスクユートピアガイ:遊戯王カード考察 融合召喚狙うより幻想召喚師使った方がいいかも

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第9話『追い求めてきた敵』感想

遊戯王ヴレインズ第9話の感想です。 ついにプレイメーカーの前に姿を現したリボルバー。 リ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-スキップ・フォース

お前ランクアップマジック何枚目だよ!   今回紹介するのはシャイニング・ビクト

記事を読む

遊戯王カード考察:フォトン・ハンド 永続コントロール奪取、発動条件も難しくない

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:解放のアリアドネ

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードの情報、一気に来ましたね。 今回紹介するのはこのカードです

記事を読む

EM(エンタメイト)ユーゴーレム:遊戯王カード考察

トランプガールのライバル登場!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

セフィラの神意(しんい)、セフィラの星戦(せいせん):遊戯王カード考察

まだまだセフィラは戦える!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:応戦するG

サイトを立ち上げた時期の関係上、クラッシュ・オブ・リベリオンの看板カードである オッドアイズ・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,486,316 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑