影六武衆(かげろくぶしゅう)-フウマ:遊戯王カード考察  効果も優秀だしチューナーとしても優秀

今回紹介するのはスピリット・ウォリアーズよりこのカードです。

 

 

 

影六武衆-フウマ
チューナー・効果モンスター
星1/風属性/戦士族/攻 200/守1800
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「影六武衆-フウマ」以外の
「六武衆」モンスター1体を特殊召喚する。
②:自分フィールドの「六武衆」モンスター1体のみが効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

六武衆の新しい仲間となる風属性のレベル1チューナーです。

六武衆に関係するカードでは六武衆の影武者、紫炎の寄子に並ぶ

3体目のチューナーとなります。

 

ピンク色に光る大型の手裏剣を両手に持った忍者です。

全体的に実に忍者という恰好をしていますが

この忍装束もまたピンク色に発光しているのがなんとも存在感出してます。

名前の由来は「風魔小太郎」と考えていいでしょう。

相模国(現代でいう神奈川県のあたり)に存在していた忍者集団である

「風魔一党」の頭領、師範的立場にあたる存在であり

個人の名前ではなく歴代の頭領がこの名を名乗っていたと言われています。

 

 

①の効果はこのカードが戦闘破壊か効果破壊された場合に

デッキから同名カード以外の六武衆を特殊召喚できるというものです。

フィールド以外で破壊された場合でも発動できるのがポイントで

手札やデッキから破壊されてもこの効果を発動可能です。

1ターンに1度の制限もないので連載破壊でデッキから2枚破壊すれば

一気に2体分の特殊召喚が可能となります。

風属性なので真竜凰マリアムネの効果で手札から破壊してもいいでしょう。

戦闘破壊にも対応なのでいざという時の壁としても十分に機能してくれます。

 

 

②の効果は自分の場の六武衆1体のみが効果破壊される場合に

墓地のこのカードを除外する事で身代わりに出来るというものです。

影六武衆が共通で持つ効果であり

除外した後も六武衆の影忍術や影六武衆-ゲンバで再利用が可能ですが

墓地の六武衆は影六武衆-ゲンバでコストにしたりもするので

状況を見極めて除外するかどうかを選択するといいでしょう。

 

 

六武衆としてはレベル1のチューナーであるというのもポイントです。

同じくレベル1のチューナーに紫炎の寄子がいますが

あちらと違いしっかりと名前に「六武衆」と含まれているので

真六武衆-キザンを自身の効果で特殊召喚しつつ真六武衆-シエンに繋げられますし

手札にこのカードとキザン2体があればトリシューラに繋げる事も可能です。

紫炎の狼煙などの六武衆サポートに対応してくれるのも美味しいです。

①の効果と合わせて六武衆におけるシンクロ召喚の幅を広げてくれる1枚です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ハイ・スピード・リレベル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:赤馬零羅のCCCってあれどうやってOCG化しよう?

アニメ遊戯王には数多くのカードが登場しています。 そして実際に数多くのカードがOCGに効果を調

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-ウィンター・ベル

レベル7までのモンスターを手札から簡単に特殊召喚!   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)オタス-K(ケー):遊戯王カード考察  見た目に恥じぬメイン盾、直接攻撃もこれで安心!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第118話『サバイバル・デュエル』感想

遊戯王ARC-V118話の感想です。 お盆休みに実家に帰っていた為記事の作成が遅れてしまいまし

記事を読む

【クローラー】:遊戯王テーマ考察 星遺物テーマ2つめ!わらわら出てきてわらわら殴るリバース&リンクテーマ

星杯に誘われし者のフレーバーテキストに記述されていた機怪虫(クローラー)。 サーキット・ブレイ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM-光波昇華(ランクアップマジック サイファー・アセンション)

超銀河眼の光波龍を出す為のほぼ必須カード!   今回紹介するのはレイジング・テ

記事を読む

天火の牢獄(てんぴのろうごく):遊戯王カード考察  VRAINSのカードでは珍しく大分改変されてます

10月14日にEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)が発売されます。 今回紹介

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである サイバース族、トリックス

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

→もっと見る

    • 4,879,154 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑