心眼の祭殿:遊戯王カード考察  戦闘ダメージを1000に固定、中々用途が広いです

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

心眼の祭殿
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分または相手が戦闘ダメージを受ける場合、
その数値は1000になる。

 

 

汎用のフィールド魔法です。

 

ある石造りの一室に心眼の鉾が仰々しく祀られています。

心眼の鉾ってこんな風に祀られるような代物だったんですね

 

 

その効果はこのカードがフィールドゾーンに存在している間

お互いが受ける戦闘ダメージが全て1000で固定されるというものです。

まさに心眼の鉾の効果を全体に適用させたような代物であり

昨今では珍しくなったお互いに影響を与える

実にフィールド魔法らしいフィールド魔法です。

 

 

このカードの活用法としてまず真っ先に思いつくのは補充部隊との組み合わせですね。

全て1000というキリのいい数字に保管してくれる為

補充部隊のドロー効果を最大限に活かす事が可能になっています。

補充部隊が抱える「大ダメージを受けてそのままライフが0になる」といったケースも

ダメージを1000に抑えてくれるこのカードがフォローしてくれます。

このカードの発動状態で1ターンキルを狙うのは困難を極めるでしょう。

 

動揺に場ががら空きになりがちでダイレクトアタックを食らいがちなデッキの場合

多くの状況において受ける戦闘ダメージを大幅に軽減してくれる意味を持ちます。

スピリットや妖仙獣が該当するでしょうか。

ゴーストリックあたりも相性が良さそうなのですがこのカードがフィールド魔法である関係で

ゴーストリック・ミュージアムやゴーストリック・パレードなど

ゴーストリックのフィールド魔法と同時併用できない点は痛い所です。

 

 

自分が相手に与えるダメージも1000に固定するので

攻撃力の低いダイレクトアタッカーの戦闘ダメージを補強する事も可能です。

特にLL-アセンブリー・ナイチンゲールは連続で直接攻撃が可能であり

多くの局面において相手に与えられるダメージを飛躍的に上昇させられます。

 

 

またメタバースを使えばデッキから直接発動する事も可能です。

相手モンスターの攻撃宣言時に発動すればダメージ計算を大幅に狂わせられるでしょう。

昨今では覇王眷竜ダークリベリオンといったえげつないダメージを叩きだすカードも多く

そういったカードはこちらのライフを削り切れる場合に投入される事が多いので

ダメージ計算を狂わせられる意味は思った以上に大きいです。

 

 

上記のように中々幅広い使い道のあるカードです。

このカードが活かしやすそうなデッキであれば

補充部隊と一緒に投入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:R・R・R(レイド・ラプターズ・レプリカ)

今度の展開手段は特殊召喚に制約がないぞ!   今回紹介するのはプレミアムパック

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣-アームズバスターブレード、 破壊剣-ウィザードバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察: BF(ブラックフェザー)-弔風(とむらいかぜ)のデス

様々なデッキで使えるレベル4チューナー!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

スマイル・ワールドを使いこなせ!   いよいよ10月8日今日、レイジングテ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:創星神 tierra(そうせいしん ティエラ)

新たなるラスボス、降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-フルアーマード・ウィング かなり出しやすい完全耐性持ち

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-五月雨のソハヤ

期待のレベル5BFシンクロ!     今回紹介するのはザ・ダー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,757,870 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑