ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

公開日: : カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

ゲートウェイ・ドラゴン
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1400
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

闇属性レベル4のドラゴン族モンスターです。

VRAINSにおいてリボルバーがプレイメーカー戦で使用したカードで

自身の効果で特殊召喚した後に手札のスニッフィング・ドラゴンを特殊召喚し

ツイン・トライアングル・ドラゴンのリンク召喚に繋げました。

 

細長い胴体に3本の腕、前方に伸びた翼といった異様な姿をしたドラゴンです。

なお効果を発動する際には背中のゲートを開いてそこから出現させています。

ゲートウェイ(玄関)というのはコンピューター用語において

そのままでは繋げられない違う企画同士のコンピューターネットワークを

お互いに繋げられるようにするための仕組みや装置の事です。

ハノイの騎士の事ですからハッキングの為の下準備といった所でしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手の場にリンクモンスターが存在する場合に

手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

相手に依存する形ですが昨今ではリンクをまったく使わないというテーマは多くなく

特殊召喚を狙っていける状況は結構多いでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、メインフェイズ時に

手札からレベル4以下の闇属性ドラゴン族を特殊召喚できるというものです。

該当するモンスターはリボルバーの使うヴァレットやレッドアイズに多く存在しており

これらのデッキであれば発動には困らないでしょう。

シンプルながらも手堅い展開補助として機能してくれます。

なお自身もレベル4の闇属性なので同名カードを特殊召喚する事も可能です。

その場合はさらに2体目のゲートウェイ・ドラゴンで②の効果を発動できます。

 

 

②の効果だけでも十分に有用なので基本的には②の効果目当てでデッキに採用、

相手次第では①の効果による展開も狙っていくという形をとるのがいいでしょう。

アニメでやったようにスニッフィング・ドラゴンのような

特殊召喚時に効果を発動できるモンスターを特殊召喚した後に

ツイン・トライアングル・ドラゴンを始めとするリンク召喚に繋げれば無駄がありません。

黒鋼竜もフィールドから墓地へ送られた時にサーチ効果を発動するので

こちらも同様にリンク召喚へ繋げる際にオススメです。

スニッフィング・ドラゴンの他にも覇王眷竜ダークヴルムが特殊召喚時の効果を持っており

こちらの場合はランク4のエキシーズ召喚を狙う事も可能です。

また②の効果の対象では破壊剣-ドラゴンバスターブレードはチューナーに該当するので

シンクロ召喚を狙いたい場合にはこちらも候補に上がります。

 

 

リボルバーは自分のテーマであるヴァレットだけでなく

ドラゴン族全般に恩恵のあるカードを出すあたりドラゴン族使いの鑑ですね。

「テーマモンスターだけでなくそのテーマと相性のいい別のモンスターも入れる」

という実に実践的なデッキ構築をしていると思います。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:光の霊堂

①や②の効果だけでも超有用!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:水晶機巧(クリストロン)-リオン

除外されたカードを再利用!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-フウマ:遊戯王カード考察  効果も優秀だしチューナーとしても優秀

今回紹介するのはスピリット・ウォリアーズよりこのカードです。    

記事を読む

生存境界:遊戯王カード考察

大量展開と万能除去を兼ね備える!   いよいよ今日恐獣の鼓動の発売ですね。

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジェルのデュエルが開始されました

記事を読む

炎王獣 ガネーシャ:遊戯王カード考察  強い事しか書いてない至れり尽くせりの1枚

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

イーバ:遊戯王カード考察 手札コストにしてもいいしエクシーズ素材にしてもいい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サモン・ソーサレス  あっイグナイトで1ターンキルが発案された

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,824 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑