ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

公開日: : カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

ゲートウェイ・ドラゴン
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1400
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

闇属性レベル4のドラゴン族モンスターです。

VRAINSにおいてリボルバーがプレイメーカー戦で使用したカードで

自身の効果で特殊召喚した後に手札のスニッフィング・ドラゴンを特殊召喚し

ツイン・トライアングル・ドラゴンのリンク召喚に繋げました。

 

細長い胴体に3本の腕、前方に伸びた翼といった異様な姿をしたドラゴンです。

なお効果を発動する際には背中のゲートを開いてそこから出現させています。

ゲートウェイ(玄関)というのはコンピューター用語において

そのままでは繋げられない違う企画同士のコンピューターネットワークを

お互いに繋げられるようにするための仕組みや装置の事です。

ハノイの騎士の事ですからハッキングの為の下準備といった所でしょう。

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手の場にリンクモンスターが存在する場合に

手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

相手に依存する形ですが昨今ではリンクをまったく使わないというテーマは多くなく

特殊召喚を狙っていける状況は結構多いでしょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、メインフェイズ時に

手札からレベル4以下の闇属性ドラゴン族を特殊召喚できるというものです。

該当するモンスターはリボルバーの使うヴァレットやレッドアイズに多く存在しており

これらのデッキであれば発動には困らないでしょう。

シンプルながらも手堅い展開補助として機能してくれます。

なお自身もレベル4の闇属性なので同名カードを特殊召喚する事も可能です。

その場合はさらに2体目のゲートウェイ・ドラゴンで②の効果を発動できます。

 

 

②の効果だけでも十分に有用なので基本的には②の効果目当てでデッキに採用、

相手次第では①の効果による展開も狙っていくという形をとるのがいいでしょう。

アニメでやったようにスニッフィング・ドラゴンのような

特殊召喚時に効果を発動できるモンスターを特殊召喚した後に

ツイン・トライアングル・ドラゴンを始めとするリンク召喚に繋げれば無駄がありません。

黒鋼竜もフィールドから墓地へ送られた時にサーチ効果を発動するので

こちらも同様にリンク召喚へ繋げる際にオススメです。

スニッフィング・ドラゴンの他にも覇王眷竜ダークヴルムが特殊召喚時の効果を持っており

こちらの場合はランク4のエキシーズ召喚を狙う事も可能です。

また②の効果の対象では破壊剣-ドラゴンバスターブレードはチューナーに該当するので

シンクロ召喚を狙いたい場合にはこちらも候補に上がります。

 

 

リボルバーは自分のテーマであるヴァレットだけでなく

ドラゴン族全般に恩恵のあるカードを出すあたりドラゴン族使いの鑑ですね。

「テーマモンスターだけでなくそのテーマと相性のいい別のモンスターも入れる」

という実に実践的なデッキ構築をしていると思います。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:チキンレース

海外でまたバーニングアビスとU.Aの新規が出るみたいですね。 ・・・バーニングアビスあれ以上強

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第104話『「D」の名を持つHERO』感想

遊戯王アークファイブ104話の感想です。 ついに融合次元において榊遊勝と再開した柊柚子。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械熱核竜(アンティーク・ギア・リアクター・ドラゴン)

9月24日にストラクチャーデッキ-機械の叛乱-のリメイクとなる ストラクチャーデッキR-機械竜

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-ターリア

妖精伝姫シリーズ化決定   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・シンクロン:遊戯王カード考察  ちゃっかり吊り上げ効果がつきました

5月13日、いよいよコレクターズパック2017の発売ですね。 今回紹介するのはコレクターズパッ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

影霊衣の巫女(ネクロスのみこ) エリアル:遊戯王カード考察

ちゃっかり生きてました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ガストル、アモルファージ・ルクス、アモルファージ・プレスト

魔法ダメ!罠ダメ!モンスター効果もダメ!   今回紹介するのはシャイニング・ビ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
六武衆の真影(ろくぶしゅうのしんえい):遊戯王カード考察 荒行使う時とかに便利な奴です

今回紹介するのは8月21日に発売される Vジャンプ10月号の付録

【F.A.(フォーミュラアスリート)】:遊戯王テーマ考察  LEVEL=SPEED……誰かがそう教えてくれた……

「……誰もが恐れ、おびえた目をして見てた……」 「………そうさ、俺は

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカ

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想にな

→もっと見る

    • 4,534,579 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑