燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

燃え竹光
永続魔法
①:このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分が「竹光」カードを発動した場合に発動できる。
次の相手メインフェイズ1をスキップする。

 

 

竹光シリーズの新しい永続魔法です。

 

小僧、派手にやるじゃねぇか!

これから毎ターン竹を焼こうぜ!

というわけで竹光が景気よく燃えています。

竹ですからね、そりゃもうよく燃えるでしょう。

 

 

その効果はこのカードが発動している状態で竹光カードを発動した場合に

次の相手のメインフェイズ1をスキップ出来るというルール介入効果です。

同じくメインフェイズ1をスキップ出来るカードに

タイム・イーターと虚竜魔王アモルファクターPがありますが

このカードは黄金色の竹光によるドローの合間に効果を発揮できる上に

妖刀竹光を使う事で繰り返し効果を発動させやすく

「毎ターン発動する」という観点で見れば恐らく類似カードで一番条件が緩いです。

魂を吸う竹光と一緒に併用すればドローロックも同時に狙える点も魅力的です。

 

 

タイム・イーターと同じく地縛神 Chacu Challhuaと組み合わせた

いわゆる「チャルアイーター」と呼ばれるコンボにおいてその真価を発揮します。

バトルフェイズを封じる事の出来るチャクチャルアと組み合わせる事で

メインフェイズ2も同時に封じる事が出来る為

相手はモンスターの召喚と魔法罠のセットが不可能になります。

また同様にメインフェイズ2をスキップする端末世界と組み合わせる事でも

やはり相手は行動に多くの制限が課せられます。

コンボを狙うのもそこまで難しいわけではなく狙う価値は十分にあります。

 

 

そして上記のようなコンボを狙わずともスピードデュエルであれば

そもそもメインフェイズ2が存在しません。

つまりスピードデュエルにおいては単純にこのカードを発動した後に

他の竹光カードを使用するだけで相手の行動を大きく制限する

マスターデュエルよりも輪をかけて凶悪なカードへと変貌します。

 

 

ルールが違えば強いカードというのもまた違ってくるものです。

せっかくスピードデュエルが公式のルールとして設立されましたし

このカードのようにスピードデュエル向きのカードを探してみるのもいいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGテーマ考察:月光(ムーンライト)

ランサーズの逆ハーレム紅一点にして融合次元代表のセレナの扱うムーンライト、 アニメで活躍してい

記事を読む

遊戯王カード考察:明星の機械騎士(みょうじょうのジャックナイツ) 星遺物が刻む傷痕がより狙いやすく

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

遊戯王カード考察:虚無械(きょむかい)アイン、無限械(むげんかい)アイン・ソフ、無限光(むげんこう)アイン・ソフ・オウル

本日5月12日、いよいよコレクターズパック2018の発売にです。 今回紹介するのはそのコレクタ

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械融合(アンティーク・ギアフュージョン) 古代の機械超巨人出すなら是非

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王雑記:アークファイブの改善点を挙げるとしたら

いよいよ2017年も終わりを迎えようとしています。 遊戯王的に2017年は環境を大きく変える新

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前に敗れてしまったインヴェルズ。

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第37話『我が母なる樹』感想

遊戯王ヴレインズ37話の感想です。   前回のあらすじ:お兄様がヒロイ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第82話『究極の隼VS黒羽の雷』感想

遊戯王ARC-V82話の感想です。 まだまだ続く黒咲VSクロウの新旧闇属性鳥獣族対決。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,119,245 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑