サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。

今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカードです。

 

 

 

サイバース・コンバーター
効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻1000/守1000
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
①:自分フィールドのモンスターがサイバース族モンスターのみの場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚に成功した時、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの種族はターン終了時までサイバース族になる。

 

 

サイバース族の新しい仲間となる光属性レベル2モンスターです。

えーと・・・・・・なんだろこれ

なんともいえない形状をしていますが何かモチーフあるんでしょうか

左右についてるのはロータリーコンバーターのようにも見えますが・・・。

コンバーターとは「変換器」の事でコンピューター用語においては

ある形式のファイルを別の形式に置き換える事のできるソフトウェアを指します。

このカードの場合他の種族をサイバース族という形式に置き換えていると表現できます。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分フィールドのモンスターがサイバース族のみの場合に

手札から特殊召喚が出来る自己召喚効果です。

バックアップ・セクレタリーよりも特殊召喚条件が厳しくなっていますが

サイバース族で統一しているデッキであればほぼあちらと同じような使い方が可能です。

どちらも1ターンに1度の制約があるのでほどよく一緒に混ぜるといいでしょう。

 

 

②の効果は召喚に成功した時に

自分の表側表示モンスター1体を1ターンの間サイバース族に変するというものです。

サイバース族以外のデッキでサイバース族指定のリンクモンスターを出したい場合に

他のモンスター1体をサイバース族にすればハニーボットのリンク召喚を、

適当なLINK-2をサイバース族にすればエンコード・トーカーのリンク召喚を狙えます。

他には適当なモンスター、例えば2回攻撃できるHSRチャンバライダーなどに

サイバネット・バックドアを使ってダイレクトアタックをさせるといった使い方もできます。

 

 

②の効果が発動できる状況=①の効果が発動できない状況であり

そもそも①の効果で特殊召喚した場合は②の効果が使えない為

基本的にはトレードオフの関係となります。

両方の効果を使い分けていきたい場合サイバース族メインのデッキで採用しつつ

ギャラクシー・サーペント等他の種族のカードも使う場合などに

②の効果での属性変更も視野に入れておくといいでしょう。

また無理して両方の効果を使おうと考えなくとも

①の効果だけ見てもバックアップ・セクレタリーと同様の使い方ができ

なおかつサイバース・ガジェットで蘇生できると考えれば結構優秀です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

電子光虫-LEDバグ(デジタル・バグ-レディバグ)

エクシーズモンスターにドロー効果を付与!   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

遊戯王カード考察:鉄騎龍(てっきりゅう)ティアマトン 条件満たせば手札からフリーチェーンで万能除去

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

ロストワールド:遊戯王カード考察

これぞ本当の意味でのデッキ破壊!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-

記事を読む

古代の機械巨人(アンティーク・ギアゴーレム)-アルティメット・パウンド:遊戯王カード考察

三回連続の貫通攻撃で敵を一網打尽ナノーネ   今回紹介するのは1月21日に発売

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:電子光虫(デジタル・バグ)

以前電子光虫-ライノセバスの記事を書いた時 「電子光虫というテーマが出てくるんじゃないか?」と

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:HSR(ハイスピードロイド)チャンバライダー

早速魔術師が大会で結果を残しているみたいですね。 まあサーチ手段も豊富でレベル7出しやすいとな

記事を読む

星遺物-『星鎧』(せいいぶつせいがい):遊戯王カード考察 リバーステーマで特殊召喚を狙うかアドバンス召喚を狙うか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!     8月21日にV

記事を読む

遊戯王カード考察:ティンダングル・トリニティ 特殊召喚できる、耐性付与できる、サーチもできる、墓地肥やしもできる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Comment

  1. 俺のターンだ! より:

    サイバース族は地獄の暴走召喚に対応してる奴が多くて助かるわぁ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,339,024 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑