メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

メタバース
通常罠
①:デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、
手札に加えるか自分フィールドに発動する。

 

 

汎用の通常罠です。

 

電子で作られたビルの街並みが広がっています。

メタバースとは高次を意味する「メタ」と

世界を意味する「ユニバース」が組み合わさった合成語で

インターネット上に作られた仮想空間を意味します。

言ってしまえば遊戯王VRAINSにおけるリンクヴレインズの事です。

 

リンクヴレインズもビルが並んだ街並みをしており

このカードがリンクヴレインズを意識したカードである事が伺えます。

 

 

 

その効果はデッキからフィールド魔法を1枚を選んでサーチ、

もしくは自分フィールドで発動するというものです。以上!

43文字、これまた相当に短くてシンプルなテキストです。

言ってしまえば罠カードになりサーチだけでなく発動も可能になったテラ・フォーミングです。

罠カードになり発動条件が指定されなくなった終焉の地という解釈もできるでしょう。

 

 

このカードの使い方は主に2つです。

1つは準制限となったテラ・フォーミングの後釜として

3枚目以降のテラ・フォーミング代わりとして採用する手です。

罠カード故にサーチして発動するのに1ターン待つ必要があるのは痛い点ですが

それでもフィールド魔法をサーチする手段としては貴重であり

フィールド魔法に強く依存するデッキにとっては

テラフォーミング2枚メタバース3枚のフル投入も十分に選択肢に入ります。

 

 

もう1つがデッキからフィールド魔法を直接発動できる事、

そしてフリーチェーンで発動できる事を活かす手です。

例えばオレイカルコスの結界のような攻撃力を増減させるフィールド魔法を

相手の攻撃宣言時に発動すればコンバットトリックのように利用が可能です。

岩投げエリアやゴーストリック・ミュージアムあたりも攻撃時に発動して不意を撃てます。

他にもアンデットワールドで種族サポートを妨害したり

王家の眠る谷-ネクロバレーで墓地利用を阻害したりと

相手の予期せぬタイミングで発動する事でカードを無駄撃ちさせやすいです。

またこのカードでオレイカルコスの結界を発動した場合

発動時の特殊召喚されたモンスターを破壊する効果をやり過ごす事が出来ます。

 

 

中々いやらしい使い方が出来るカードであり

単なるテラ・フォーミングの代用では終わらないポテンシャルを持っています。

フリーチェーンで発動できるカードは悪用のしがいがありますね。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:法眼の魔術師

Vジャンプのレジェンダリーコレクション、皆さんは入手できたでしょうか? ホープゼアルは人気出る

記事を読む

メガロスマッシャーX(エックス):遊戯王カード考察

様々なエクシーズ召喚先がある下級2000打点バニラ!   今回紹介するのはスト

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:苦渋の黙札(Painful Escape)

結構色んなデッキで使えるよ!   今回紹介するのはエクストラパック2016より

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

ムーンバリア:遊戯王カード考察

相手のメインフェイズ2を奪い取れ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

DDD運命王ゼロ・ラプラス:遊戯王カード考察

わが社は新マスタールールも見越している!   4月4日に漫画版遊戯王ARC-V

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜(きょしんりゅう)フェルグラント

蘇生して、さらにまた蘇生する   2016年2月9日にストラクチャーデッキR-

記事を読む

遊戯王カード考察:終焉龍(しゅうえんりゅう) カオス・エンペラー ペンデュラム召喚は狙わなくて大丈夫

5月21日に発売されるVジャンプ7月号には応募者全員サービスとして 過去に禁止カード、制限カー

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

ハーピィの羽根吹雪(はねふぶき):遊戯王カード考察

お前このターンモンスター効果発動禁止な   いよいよ今日アニバーサリーパック1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,338,992 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑