メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

メタバース
通常罠
①:デッキからフィールド魔法カード1枚を選び、
手札に加えるか自分フィールドに発動する。

 

 

汎用の通常罠です。

 

電子で作られたビルの街並みが広がっています。

メタバースとは高次を意味する「メタ」と

世界を意味する「ユニバース」が組み合わさった合成語で

インターネット上に作られた仮想空間を意味します。

言ってしまえば遊戯王VRAINSにおけるリンクヴレインズの事です。

 

リンクヴレインズもビルが並んだ街並みをしており

このカードがリンクヴレインズを意識したカードである事が伺えます。

 

 

 

その効果はデッキからフィールド魔法を1枚を選んでサーチ、

もしくは自分フィールドで発動するというものです。以上!

43文字、これまた相当に短くてシンプルなテキストです。

言ってしまえば罠カードになりサーチだけでなく発動も可能になったテラ・フォーミングです。

罠カードになり発動条件が指定されなくなった終焉の地という解釈もできるでしょう。

 

 

このカードの使い方は主に2つです。

1つは準制限となったテラ・フォーミングの後釜として

3枚目以降のテラ・フォーミング代わりとして採用する手です。

罠カード故にサーチして発動するのに1ターン待つ必要があるのは痛い点ですが

それでもフィールド魔法をサーチする手段としては貴重であり

フィールド魔法に強く依存するデッキにとっては

テラフォーミング2枚メタバース3枚のフル投入も十分に選択肢に入ります。

 

 

もう1つがデッキからフィールド魔法を直接発動できる事、

そしてフリーチェーンで発動できる事を活かす手です。

例えばオレイカルコスの結界のような攻撃力を増減させるフィールド魔法を

相手の攻撃宣言時に発動すればコンバットトリックのように利用が可能です。

岩投げエリアやゴーストリック・ミュージアムあたりも攻撃時に発動して不意を撃てます。

他にもアンデットワールドで種族サポートを妨害したり

王家の眠る谷-ネクロバレーで墓地利用を阻害したりと

相手の予期せぬタイミングで発動する事でカードを無駄撃ちさせやすいです。

またこのカードでオレイカルコスの結界を発動した場合

発動時の特殊召喚されたモンスターを破壊する効果をやり過ごす事が出来ます。

 

 

中々いやらしい使い方が出来るカードであり

単なるテラ・フォーミングの代用では終わらないポテンシャルを持っています。

フリーチェーンで発動できるカードは悪用のしがいがありますね。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:フレシアの蟲惑魔(こわくま)

とうとうディメンション・オブ・カオスのフラゲ情報が出たみたいですね。 今回紹介するのはそんなデ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ライトロード・セイント ミネルバ

シンクロ次元篇、続きが気になって仕方ありません。 毎回予告がずるいんですよアークファイブって。

記事を読む

竜巻竜(トルネードラゴン)/Tornado Dragon:遊戯王カード考察  新しい汎用ランク4登場、魔法罠除去ならこいつの出番

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

まだ考察しかしていませんでしたが、 このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:HSR(ハイスピードロイド)チャンバライダー

早速魔術師が大会で結果を残しているみたいですね。 まあサーチ手段も豊富でレベル7出しやすいとな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

遊戯王ARC-V92話の感想です。 もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。 つい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

スマイル・ワールドを使いこなせ!   いよいよ10月8日今日、レイジングテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,626,734 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑