遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第8話『風を操りし者』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ第8話の感想です。

ブルーエンジェルとのデュエルに勝利したプレイメーカー。

そして敗北したブルーエンジェルは・・・。

 

 

電脳世界系のお約束

ブルーエンジェルが負けたのを確認してすぐに電話をする晃。

プレイメーカーもすぐにブルーエンジェルを介抱、

Aiにウイルスを捕食させますが容態は著しくありません。

プレイメーカーはログアウトし現実の葵を探そうとします。

推理を元に屋上へいくと携帯のバイブの音が聞こえました。

発信源に行くとそこには崩れ落ちている葵の姿がありました。

恐らくそのまま晃に電話をしたのでしょう、すぐさま病院へ運ばれます。

晃は連絡してくれた遊作に礼を言い名前を聞いておきます。

あとそれとなく葵との関係も聞いておきます。兄として色々心配なのでしょう。

遊作は「ただのクラスメイトだ」と答えていましたが

一応同じ部活に所属している事ぐらいは言ってもいいんじゃないかなぁ。

 

葵は意識不明の状態が続いていました。

電脳世界で何かあって現実で意識不明になるのは

もうこの手の作品ではお約束レベルです。

最新の医療設備でも何故意識を失ったかを解明する事が出来ず、

外傷ではなく脳に問題がある事が確認できる程度でした。

遊作もまた自宅でAiとブルーエンジェルの容態について推測していましたが

遊作達もまたハノイの騎士の仕業である事ぐらいしか情報がつかめていませんでした。

ブルーエンジェルがプレイメーカーに負けた事はリンクヴレインズでも話題になっており

「ブルーエンジェル引退」だの「プレイ売名カー」だの言いたい放題です。

遊戯王世界の一般人の民度は相変わらずです。

 

 

イグニスはワシが育てた

そしてブルーエンジェルの件で晃が上司のチェスたちに弾劾されます。

ブルーエンジェルであった葵はハノイの騎士と繋がっていた疑惑があり

その兄である晃もまたハノイの騎士と繋がっているのではないかという疑惑の為です。

晃は弁明をしようとしますが聞いてもらえず処罰を待つしかありませんでした。

 

晃は夜、エマを呼び出していました。

どうやらエマはSOLテクノロジーの上層部に雇われて

ブルーエンジェルの正体をつきとめて報告していたみたいです。

晃その事を承知の上でエマに依頼をします。

このままでは恐らく晃は失脚してしまい

そうなるとプレイメーカーの件は一旦打ち切りになってしまうだろう事、

そしてそれは妹を元に戻す手がかりを失ってしまう事になると考えた晃は

切羽詰まった様子でエマに依頼をします。

プレイメーカーへの憎悪を露わにしながら。

 

ブルーエンジェルのこの状態はハノイにとってはまさに計画通りの状態です。

ハノイはブルーエンジェルを利用してプレイメーカーをおびき寄せ

Aiを破壊するのがその狙いです。

しかしイグニスの破壊を宣言する鴻上博士の表情は苦いものでした。

鴻上博士は言います「我が子を手にかけるも同然」と、

これはつまりイグニスを作ったのは鴻上博士だという事なのでしょう。

それでも鴻上博士はハノイとしてイグニスとサイバースの破壊を志します。

 

 

ハッキング、ダメ絶対

ホットドッグ屋の屋台では草薙が病院をハッキングして葵の容態を確認していました。

Aiが「それ犯罪だぞ」とたしなめます。

ハッキングの中でも悪質なものをクラッキングと言いますが

今回草薙がしている事は個人情報の盗難であり言い訳不能なレベルで悪質です。

草薙は言います、「ハッキングは全て犯罪行為だ」と。

主人公サイドが普通に犯罪行為を行うアニメ遊戯王VRAINS。

多分草薙は大人としてそういう汚れ役を積極的に買って出てるんでしょうね。

葵の容態を聞いてAiは言います、「恐らく電脳ウイルスの仕業」だと。

人間の脳に侵入し人間をコントロールしてしまうそんな恐るべきウイルスを

ハノイの騎士が開発したのだと主張します。

ちなみにAi曰く「ちょー不味かった」との事、プログラムに味ってあるんですね。

葵を元に戻すには除去プログラムが必要だがそれはハノイの騎士が持っており

手に入れるのは困難だろうとAiは言います。

 

 

拘束プレイメーカー

そんな中、リンクヴレインズにブルーエンジェルが突然現れプレイメーカーに宣戦布告。

しかし遊作達は知っています、葵は今もなお意識不明であるという事を

つまりこのブルーエンジェルは偽物、明らかにプレイメーカーをおびき寄せる罠です。

恐らくはハノイの騎士かSOLテクノロジーのどちらかの仕業です。

それでも遊作はこのブルーエンジェルの元に向かいます。

ハノイであればブルーエンジェルを元に戻す除去プログラムを手に入れる目的で、

SOLテクノロジー社であれば自分の知っている情報を伝える目的で、

遊作もブルーエンジェルの事については大分負い目があるようです。

Aiも草薙も遊作を止めますがそれでも遊作はイントゥザヴレインズしました。

 

偽ブルーエンジェルの元についた所でAiは言います、ハノイの匂いはしないと。

そうなるとSOLテクノロジー社である可能性が高いです。

プレイメーカーはすぐにブルーエンジェルが偽物だと宣言し

偽ブルーエンジェルも「ちょっとおばさん臭かった?」と自嘲気味にあっさり白状します。

そして偽ブルーエンジェルがタキシード仮面よろしくバラを投げると

そこから周囲に異変が発生、プレイメーカーの動きが封じられてしまいます。

影響はリンクヴレインズ全体に影響し各地でアバターが次々と消えていきます。

マスコミのハトとカエルも逃げ遅れて消えてます。

草薙の視点からはリンクヴレインズの映像が途絶えログアウトさせる事も出来ません。

かろうじでSOLの緊急用カメラにハッキングして様子を見守るのみです。

そしてそこに映っていた映像はプレイメーカーが地面から伸びた触手に拘束される場面でした。

やっぱり今回もあるのかよ拘束プレイ!本当に好きだな遊戯王!

偽ブルーエンジェルが徹夜で制作したと言うこのプログラムは

プレイメーカーを拘束したままビルの内部へ引きずり込んでしまいました。

内部はまるで教会のようになっておりその中央には意識不明のブルーエンジェルが横たわっています。

そして偽ブルーエンジェルはその変装を解きゴーストガールとしての姿を現します。

「お金で現れる魅惑の謎の美女」と自己紹介、自分で美女言っちゃってます。

それにしてもこの拘束は凝りすぎじゃないですかね?

徹夜作業だって言ってたけどどこに時間かけてんだゴーストガール。

 

 

拷問だ!とにかく拷問せよ!

そしてゴーストガールの隣に依頼主である財前晃が姿を現しました。

プレイメーカーは自分が接触する前から葵がハノイと接触していたと説明しますが

晃はそれを信じようとはせず拘束具を使ってプレイメーカーを苦しめます。

「早くしゃべらないと全身が引きちぎれるぞ」と脅してるあたり相当な拷問のようです。

プレイメーカーもガチで苦しんでます。

ゴーストガールさんもうちょっとこう手心あるプログラムにしてください。

 

 

風を操れ!リボルバー!

そんな拷問をしていると突然上空から稲妻が発生、リボルバーが姿を現します。

そしてリボルバーは晃に告げます、「プレイメーカーを離せ」と。

リボルバーはプレイメーカーを自分の手で倒す腹積もりのようです。

晃がそれを拒否するとリボルバーはなんとデータストームを呼び寄せ、

それを自由に操って見せました。サブタイトル回収です。

そしてリボルバーはブルーエンジェルの電脳ウイルスとそれの除去を盾に

晃相手にイグニスの回収から手を引く用に脅しをかけます。

リボルバーはプレイメーカーをおびき寄せる人質としてブルーエンジェルを選びましたが

晃に対して脅す材料としても好都合だったのでしょう。

「妹が助かる道はプレイメーカーが俺に勝つ事のみだ」と告げ晃に選択をさせます。

晃はプレイメーカーを信用するかどうかで悩んでいましたが

妹が一番大事である根底は変わりません、苦渋の末プレイメーカーを解放します。

 

リボルバーがデータストームに乗って一足先に外に出ると

プレイメーカーも後を追いかけようとしますがそこを晃が呼び止めます。

晃は「何故憎まれて当然の事をした私の為に戦ってくれるのか?」と聞くと

プレイメーカーは言いました。「俺が憎むのはハノイの騎士だけだ」と。

 

 

 

 

ゴーストガールとリボルバーが本格的に絡んできました。

それにしても晃と遊作は早々に和解しましたね。

とはいってもSOLの良心とも言える晃は失脚するみたいですし

今後はSOLテクノロジー社も本格的に敵対勢力として活動しそうです。

 

それにしても前回もそうでしたがAiは結構ブルーエンジェルを心配してくれてますね。

なんだかんだで結構良心がある感じに見えます。

 

 

次回予告 9話『追い求めてきた敵』

プレイメーカーとリボルバーのデュエルが始まります。

どうやらリボルバーはクラッキングドラゴンを使うみたいですね。

まあ明らかな前座ですし予告の時点で「早々に撃破する」言われちゃってます。

あとはリボルバーがどんなスキルを使うかに期待ですね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:クリアクリボー

効果ダメージと直接攻撃をそれぞれ防ぐ!   今回紹介するのは4月3日に発売され

記事を読む

遊戯王アークファイブ第70話『届かぬ叫び』感想

遊戯王ARC-V70話の感想です。 今回の対戦カードはセレナVSトニーですがデュエル以外の描写

記事を読む

遊戯王カード考察:煉獄の狂宴(れんごくのきょうえん)

召喚条件無視で3体もとかちょっとやりすぎじゃ・・・   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・エンジェル-伊舎那(イザナ)- 連続攻撃はやっぱり強いよ

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:クロック・ワイバーン シンプルで使いやすいただの融合素材に収まらない優等生

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

覇王の逆鱗:遊戯王カード考察  新マスタールールだしアニメより強化しちゃってもいいよね☆

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

デジトロン:遊戯王カード考察  今度の通常モンスターはレベル2最高打点!トライワイトゾーンで一斉攻撃させてみる?

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:エルフの聖剣士

今年からローソンのloppyによる劇場版遊戯王による前売券の受付が開始されました。 この前売券

記事を読む

遊戯王カード考察:古代の機械素体(アンティーク・ギアフレーム) 古代の機械箱対応、③の効果はどう狙う?

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:灼熱の火霊使いヒータ これは他の霊使いリンクもそのうち出てきますね

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,148,303 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑